いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

イルミネーションや夜景をスマートフォンでおしゃれに撮る方法

      2016/08/22

イルミネーション

「100万ドルの夜景」なんて言葉はもう古いかもしれません。

でもこの言葉を聞くと、ものすごくイルミネーションで輝く街並みを想像してしまうのは私だけではないはずです。

ちなみにこの言葉は神戸の六甲山からの風景を指すそうで、関西電力の副社長が名づけた言葉だそうです。

ドルと聞くから私は海外で使われていた言葉だと信じていたのでびっくりです。

そしてこの100万ドルという言葉も実は電気代を指しているそうです。

せっかくおしゃれでロマンチックな夜景を想像していたのに、やけに現実味があってがっかりかも。

しかし、美しくライトアップされた街並みはいつの時代も魅力的なはず。

ですから写真に撮って思い出にしたいですよね。

そこでスマートフォンでイルミネーションや夜景をおしゃれに撮る方法をお伝えします。

スポンサーリンク

 

 

イルミネーションや夜景を上手に撮る方法

一番簡単な方法はカメラ機能のオプションにあるHDR機能をONにすることです。

HDR機能は写真の明るい部分と暗い部分を合成して綺麗な写真に仕上げてくれる便利な機能です。

暗い場所や逆光でもHDRで白飛びをおこさず綺麗な写真を撮ることができます。

スマートフォンで撮影

また夜撮カメラというアプリを使えば、スマートフォンで撮影したとは思えないほどの美しい写真を撮ることができます。

4つの撮影モードから選ぶことができますので、夜だけではなく、昼間も美しい写真を撮ることができます。

撮影後の修正機能もついているので、失敗がありません。

こんなに簡単にイルミネーションや夜景を撮影することができるアプリなのに無料なので、今とても人気があります。

スポンサーリンク

 

もっとおしゃれに撮るにはどうしたら良い?

カメラの機能に頼ることも必要ですが、撮影する側ももちろん基本的なことをマスターしておかなければなりません。

まずは撮影する時にぶれないことが重要です。

もし可能であればカメラを固定して撮影しましょう。

夏よりも冬の方が空気が澄んでいるので、冬の方が美しい夜景を撮ることができます。

冬は日没が早いので、16時から18時くらいが撮影のねらい目です。

この時間帯は薄暗くなってきているけれども、ぼんやり肉眼でも景色が見えるくらいの暗さなので、写真におさめると幻想的な雰囲気を醸し出せるのでおすすめです。

またクリスマスツリーやライトアップされたタワーなどを撮影するのであれば、下から撮影した方が立体感のあるおしゃれに写真を撮ることができます。

自撮りする時はセルフタイマー機能を使うとぶれずにとれるのでとっても良いですよ。

 

最後に

イルミネーション

せっかく綺麗な街並みを見ておしゃれな写真が撮りたいと思っていても、暗い中ではどうせうまく撮れないだろうと諦めていませんか?

私はカメラが好きでしたが、夜の撮影は諦めていました。

でもこれだけスマートフォンの機能が進化しているのを友人に教えてもらってからというもの、夜な夜なドライブに繰りだしては、写真を撮りまくっています。

もちろん満足いかない写真もありますが、何枚も撮影していけば段々構図とかがわかってきます。

もし写真を撮ることに苦手意識がある方は是非スマホで写真を撮りまくってくださいね。

スポンサーリンク