いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

ローストビーフはフライパンで作れる?簡単な作り方とアレンジレシピ

      2016/08/15

ローストビーフ

ローストビーフを手作りするとなると、なんだか大変なイメージがあります。

でも、実はフライパンで簡単に作ることができるのです。

その出来は、まるで本格的?クリスマスやホームパーティーに一度作ってみませんか?

いろんな作り方がありますが、もっとも簡単に作れる方法を伝授します!

スポンサーリンク

 

フランパンひとつで簡単レシピ

用意するのは、

  • 牛もも肉(1000g)
  • 塩(小さじ1/2)
  • こしょう(適量)
  • オリーブオイル

たったこれだけの材料で、本格的なローストビーフを作ることができます。

作り方は、

1-牛もも肉の表面にフォークで穴をあけ、塩・こしょう・オリーブオイルを揉み込みます。

2-味がしっかりなじむように10分以上そのままにしておきます。

3-フライパンに油を熱し、強火で肉の表面をこんがり焼きます。

4-全面に焼き目がついたら火を止め、肉を取り出します。

 

ここからがポイントです。

取り出した肉にアルミホイルを包み、温かい状態のまま元に戻します。

フタをし20分間、しっかり中まで火を通したら完成です。

スポンサーリンク

 

肉に合うソース作り

残った汁を使って肉に合うソースを作ることもできます。

和風のソースを作る場合、玉ねぎ・みりん・しょう油・砂糖を混ぜて煮詰めたら完成です。

煮詰めすぎるくらいがベストです。

玉ねぎの甘さが肉にぴったり合います。

同じ和風ソースでも、バター・ポン酢しょう油・柚子こしょうで作ることも。

ちなみに、基本のソースは『クレイビーソース』といって、肉汁を使って作ります。

でも、作り方によってクレイビーソースが合う場合とそうでない場合があります。

鍋などで作る場合は、肉汁が出るので断然クレイビーソースが良いでしょう。

 

つい同じソースになりがちですが、他にもバルサミコ酢や粒マスタード、はちみつなどを使って作ることもできます。

いろいろアレンジして作ってみてください。

 

炊飯器でも作れるってホント?

164e5bae4715f9632047e86efc470fb3_s_R

本当です。

『じっくり焼く』という手間も省けるので、ズボラさんにもおすすめです。

材料は

  • 牛ももブロック(300~500g)
  • 塩、こしょう(適量)
  • サラダ油(適量)

牛ももブロック全体に塩・こしょうを振り、ラップでくるみます。

そのまま冷蔵庫で30分置いたら、表面の水分をキッチンペーパーでふき取り、鍋で表面を焼きます。

ジップロックに肉を入れ、空気を抜いて密閉したら、いざ炊飯器へ。

沸騰したお湯を1L、冷水を200cc、密閉した肉を袋ごと入れます。30分保温したら完成です。

 

アレンジレシピにチャレンジしてみよう

ローストビーフのサンドイッチ

そのまま食べるだけでは飽きてしまう。

そんな方はアレンジしてみましょう。

スライスした肉を野菜の上にのせ、豪華なサラダに。

定番なのがサンドイッチです。

シンプルにレタスと肉だけでもボリューム満点になります。

他にも、ハンバーガーやお寿司、丼などさまざまなアレンジ法があります。

肉なので、アレンジは自由自在。

ピザ生地にのせて焼いたら、あっという間にピザの完成です。

いろんなアレンジができますので、ぜひチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク