いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

曇りの日でも紫外線は強い?

   

 

サングラスと帽子

紫外線は、適度に浴びないと骨が弱くなってしまうと言われていますが、あまり浴び過ぎてもシミやそばかす、皮膚がんなどの心配があります。

昔は真っ黒に日焼けしている方が健康的で良いと言われていましたが、日焼けもあまり良くないのです。

紫外線が強い天気は?

太陽の光が地球に到達したとしても、オゾン層や微粒子、雲などで徐々に減ってきます。

雲で紫外線が遮られるので、曇りの日は晴れよりも少なくなります。

紫外線の強さは、快晴で100%、晴れで90%、薄曇りが85%、曇りが60%、雨が30%となっています。

やはり雲一つない快晴は、紫外線も強く降り注ぎます。

雨の日でも30%ありますので、紫外線が全くない日はありません。

スポンサーリンク

 

薄曇りの時の紫外線が強いわけ

気になるのが、薄曇りの時で85%もの紫外線があることです。

薄曇りは、太陽はさんさんと照りつけていないのだけれど、雲のすき間から時々太陽が出る場合は、紫外線の量が増えると言われています。

これは、雲からの散乱光が加わるために、紫外線量が増えてしまうのです。

この場合、快晴の時よりも多い紫外線が観測される可能性があるそうです。

UVケア快晴や晴れの日しかUVケアをしないという人もいますが、それでは日焼けをしてしまいます。

曇りや雨の日でも紫外線は届いていますから、UVケアはしっかり行うようにしましょう。

薄曇りも曇りに入ると考えてしまうので、UVカケアをしないかもしれませんが、快晴の日より紫外線が強いのです。

スポンサーリンク

 

肌ダメージを与える紫外線

紫外線にはUVAとUVBの2つがあります。

UVBは、肌に浴びるとやけどのように赤くなるサンバーンを引き起こします。

UVBは雲を突き抜けられませんので、曇りや雨の日はこのようなサンバーン状態にはならないのです。

しかし、UVAは雲も突き抜けてしまいますので、常に肌に浴びていることになります。

UVAは、肌の表面だけにとどまらず、奥深くある真皮まで届き、悪影響を及ぼします。

真皮が一旦破壊されてしまうと、元に戻すことができないのです。

真皮が破壊されるとどうなるのかというと、肌にハリが無くなり、深いしわができてしまいます。

曇り

そのため、曇りの日や雨の日でも紫外線に気をつけるようにと言われているのです。

曇りや雨だと日焼け止めを塗るのが面倒だ、紫外線が弱いから大丈夫、と思っている人は、年齢を重ねるうちに、シミやしわが目立ってくる可能性が高いです。

メイクをしない日でも、外に出る時はUVカットのクリームやローションをつけるようにしましょう。

若いうちは大丈夫でも、お肌の曲がり角を過ぎたあたりになると、一気にシミやしわが目立ってくることになると、ショックですから。

またUVAは、窓ガラスも突き抜けますので、日当たりの良い窓際でも注意しなければいけません。

UVカットのカーテンを使うなど、できるだけ有害な紫外線を避けるようにしましょう。

スポンサーリンク