いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

丸の内イルミネーション2016!日程と見所やアクセス方法について

      2016/08/06

丸の内イルミネーション

丸の内イルミネーションは東京の冬の風物詩のひとつです。

沿道の街路樹にLED電球が彩られ、冬の夜をキラキラ輝かせてくれます。

LED電球を使用しているのでエコですし、うち約33万球は一般的なLED電球よりも消費電力を約30%もカットしています。

それでいて輝きはそのままですから、安心してイルミネーションを楽しむことができます。

スポンサーリンク

 

2016年の開催期間は?

毎年11月になると開催されるこのイベントは、2016年も開催予定です。

詳しい開催日は決まっていませんが、2015年は11月12日(木)よりスタートしました。

2015年は開業から10周年を迎えたということで、開業日にちなんで11月11日に先行で点灯されました。

開催期間は、2016年2月14日(日)まででした。

丸の内イルミネーション

 

長期に渡って点灯しているので、地方に住んでいる方でも冬休みを利用して見に行くことができますし、周辺に住んでいる方なら期間中は何度でも見ることができるでしょう。

シャンパゴールドのイルミネーションが、有楽町と大手町をつなぎ(約1.2km)、上品に彩りました。

 

2016年もぜひ、約100日間のイルミネーションをお楽しみください。

開催時間は17時~23時頃まで。12月は、24時頃まで点灯しています。

 

チェックしたい見どころ

丸の内イルミネーション

なんといっても、上品なシャンパンゴールドの光です。

その年によって色合いは違うかもしれませんが、2015年は大人っぽく上品なシャンパンゴールドが見どころでした。

街路樹約240本を埋めつくすイルミネーションは、まるで別世界へと誘ってくれるかのよう。

丸の内仲通りの雰囲気にもピッタリ合っていますから、デートにもおすすめです。

ロマンチックな雰囲気を楽しむことができるでしょう。

 

他にも、NEWエコイルミネーションやコラボレーションなども見どころのひとつです。

先にも述べたように、使用している電球は従来のものに比べとてもエコです。

消費電力を抑えても尚、美しく輝くイルミネーションは見どころ満点です。

2015年のコラボレーションはディズニーでした。

2015年に流行った『アナと雪の女王』の世界観をイルミネーションで再現し、主題歌の『Let It Go』に合わせて、ツリーが光り輝く演出も見ることができました。

スポンサーリンク

 

周辺のおすすめスポットとは

誰でも気軽に見ることのできるイルミネーションですので、料金は発生しません。

地方の方はイルミネーションだけを見に行くのは少々もったいないかも。

東京には周辺にたくさんのおすすめスポットがありますから、事前にチェックして観光も楽しんじゃいましょう。

1a98eaef80cb3bd8ea4d69faa18bcb3a_s

 

おすすめの周辺スポットは、東京駅・丸ビル・KITTE(キッテ)などです。

東京駅は、ご存知のとおり赤レンガ造りが特徴で、毎日多くの人が利用しています。

2003年には重要文化財に指定され、『関東の駅百選』にも選ばれました。

 

アクセス方法について

4c3030fe742812bdb1d521dc17359a97_s

東京駅から歩いて1分程と、駅近でアクセスしやすいでしょう。

他にも、日比谷駅からもアクセスできます。

有楽町・八重橋駅・大手町駅などのそれぞれの駅からもイルミネーションを見ることができますので、アクセスしやすい場所を選んでください。

スポンサーリンク