いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

2016年のツール・ド・おきなわ!日程・見所・アクセス方法など

      2016/08/05

自転車

ツール・ド・おきなわは、沖縄県名護市を中心に行われるお祭りです。

沖縄本島北部地域で2日間に渡って開催され、メインは自転車ロードレースになります。

大会に出場するために毎年多くの人が練習に励んでおり、プロ選手も参加するとても大きなイベントです。

2016年は、いつ開催されるのでしょうか?

スポンサーリンク

 

ツール・ド・おきなわの特徴

メインはレースですが、レース以外にもさまざまなイベントを開催しています。

そのため、レースに参加しなくても楽しむことができるでしょう。

レースには、最上級クラスといわれている『チャンピオンレース』が組み込まれています。

また女性や子供でも参加できる女子国際レース100kmやジュニア国際レース140kmなどもあり、海外から派遣されるアマチュアの選手などもお祭りに参加しています。

自転車レース

レースの参加方法は5つ。

大会事務局窓口・インターネット・FAX・電話・Famiポートから申込み可能です。

地元の人はもちろんのこと、地方からも申込むことができます。

2016年の参加申込み期間は、2016年8月1日(月)正午~9月30日(金)まで。

参加希望の方は公式サイトをチェックしましょう。

 

開催日はいつ?

2016年の開催日程が決定しました。

2016年は、11月12日(土)と13日(日)に開催されます。

毎年11月第2土曜~日曜の2日間開催されるため、毎年開催日は異なります。

そのため、2015年は11月7日(土)・8日(日)に開催されました。

また6日には選手受付や説明会などが行われ、7日は7時頃から沖縄本島一周サイクリング・やんばるセンチュリーライド・伊江島ファミリーなどがスタートします。

初心者でも参加できるコースも含まれているので安心です。

開会式は、16時~18時頃まで行われ、それまでの時間は一輪車大会や各レース・サイクリング種目の受付やシャトルバスの出発などがあります。

 

閉会式は、翌日の16時頃から。11時頃からや15時~16時頃には各種目の表彰式も行われます。

スポンサーリンク

 

見どころはどこ?

男子・女子・ジュニアのレースが開催されますから、それぞれに見どころがあります。

昨年のチャンピオンも登場しますから、事前にチャンピオンをチェックしておくとより楽しむことができます。

また周辺には多くの自然があり、観光にも最適です。

レースに参加しなくても、応援することもできますから、周辺の観光も楽しんでみてはいかがでしょうか。

観光地・沖縄というだけあって、イベント以外の見どころも満載です。

 

アクセス方法は?

ツール・ド・おきなわまでは、大きく3つの方法でアクセスができます。

 

・自転車でアクセスする場合、那覇空港から国道58号を北上し、名護から約67km、オクマビーチから約100kmです。

 

・車でアクセスする場合、那覇空港から那覇空港自動車道豊見城・名嘉地IC~許田ICと国道58号線から名護へ向かうこともできます。

 

・バスは、やんばる急行バス・高速バス・名護西空港線・名護西線からアクセスすることができるでしょう。

スポンサーリンク