いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

秋冬ファッション・コートの種類と着こなし方

      2016/07/05

高級な一生ものかそこそこの流行ものか

コートを着た女性

秋冬のファッションの目玉はコートです。

外出時には一番上にはおるものなので、着こなしやデザインによってがらりと印象が変わってしまいますよね。

ヘビーローテーションをしても傷みにくいという特徴がありますし、素材によってはとても高価なので、毎年買い替える必要ないのですが、ファッション雑誌を見たり、ショッピングに行って目にすれば欲しくなります。

本来は、着ていく場所によっては使い分けをしたほうが良いのですが、コートにばかりお金をかけるわけにはいかないので、高価な一生ものを買うか、そこそこの金額で流行のデザインを複数買うかで迷います。

スポンサーリンク

 

選び方のポイント・公式の場にふさわしいもの

コートの種類と着こなし方で失敗しないためには、デザインだけでなく、素材、生地を吟味して、使い道を考えることが大切です。

直感で購入しても、着ていく場所によってはそぐわないこともあるので、少なくとも、どのような種類があるのかだけでもチェックしておくと安心です。

最も伝統的なデザインのひとつがチェスターコートもしくはチェスターフィールドコートです。

イギリス発祥で、クラシックで格調高いデザインと言われています。

 

上品な着こなしができるので、大人の雰囲気を出したいときにはぴったりです。

チェスターコート

特徴は、胸元には箱ポケットと両脇にはフラップ付きのポケットがあることです。

素材はウールが一般的ですが、カシミア素材なら一生ものと言えます。

丈はその年によって流行があるみたいで、長めの年もあれば短めの年もありますが、身長とのバランスを考えて選ぶことが素敵に着こなすコツです。

流行に左右されないベーシックなものと言えばトレンチコートもあります。

女性らしくというよりは、カチッとした雰囲気になるのでビジネスシーンに適しています。

色によってはカジュアルな場でも重宝するので1枚あると便利です。

スポンサーリンク

 

選び方のポイント・定番コートの着こなし

年齢を選ばず気軽に着られる普段使いの定番ならピーコートでしょう。

ビーとは錨の爪のことで、船員や水平が着ていたのが発祥です。

ウール地で厚手なので防寒効果が高いです。

デザインの特徴は、合わせがダブルになっていることと定番は丈が腰までということです。

学生が通学時に来ていることが多いですよね。

ピーコート

 

丈が短いデザインは、背の低い人でも着こなせますし、ボトムスのボリュームを押さえればすっきりとした着こなしができます。

流行によっては丈が長くなったり、襟が大きくなったりします。

襟が大きいと肩のラインが隠れるので華奢に見せることができますし、顔を小さく見せる効果もあります。

ダッフルコート

もうひとつの定番のコートといえばダッフルコートです。

何といっても特徴は角型のトグルボタンとロープのループの組み合わせです。

年齢性別を選ぶことなく普段使い用の防寒コートとして長い間愛用され続けています。

その年によって流行の丈があるので、ボトムスとの組み合わせを考えて購入するといいですね。

スポンサーリンク