いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

龍勢まつり2016年の開催日程は?渋滞情報と見どころも確認

      2016/07/13

龍勢まつり

フォトさいたま

龍勢まつりは、埼玉県秩父市で行われるお祭りのひとつです。

秩父市では他にもさまざまな祭事があり、龍勢まつりは椋神社の例大祭で行われます。

毎年30数本の龍勢が打ち上げられるため、通称農民ロケットとも呼ばれています。

そんな龍勢まつりの2016年の開催日程はいつでしょうか?

スポンサーリンク

 

歴史について

お祭りの歴史は、なんと400年以上も前からあり、秩父市では伝統的なお祭りとして地元の人に愛されています。

起源は諸説ありますが、そのなかでも有名な説が吉田川の河原で大火を燃やした際、燃えさしを投げた光によって神意を慰め祀ったというものです。

400年以上も続いている祭事ですが、一時は中断されたときもあったといいます。

それは、戦時中の昭和37年~46年です。

昭和37年には会社員になる人が多く、龍勢に携わる時間がなくなったことからです。

しかし、その期間には『龍勢保存会』が発足されています。

 

お祭りが復活したのは、昭和47年です。

『もう一度見たい』という声に応えて、現在まで続いています。

 

開催日はいつ?

龍勢まつり

フォトさいたま

2016年の開催日はまだ決まっていませんが、毎年10月の第二日曜日に行われているので、2016年は10月9日に開催されると思います。

場所は、吉田椋神社周辺です。

ちなみに、2015年は10月11日に開催されました。

第二日曜日と固定されているため、その年によって日付が異なります。

 

龍勢の打ち上げは、午前8時40分頃から。

17時まで、15分間隔で30本ものの打ち上げが行われます。

11時~11時50分までの間は、神社の祭典が行われるため、打ち上げはありません。

打ち上げを見たい方は、時間を間違えないようにしましょう。

また、打ち上げは有料観覧席で見ることもできます。

1日で全席完売する場合もありますので、特に遠方から行かれる方は早めにチェックしておきましょう。

キャンセル待ちもありますので、その日を狙うのも可能です。申込みは、龍勢会館にて。

名前・希望坪数・電話番号を記入しましょう。

電話でも受け付けていますので、地方の方でも安心です。

価格は、坪数によって異なります。

スポンサーリンク

 

見どころは?

龍勢のお祭りは打ち上げが見どころですから、見られる場所を確保し、見逃さないようにしましょう。

遠方から行かれる方は、先にも述べたようにチケットの購入がおすすめです。

良い席で見ることができます。打ち上げられるロケットは、まるで龍のように勢いがあり迫力があるでしょう。

龍勢もそこからきています。

ロケット花火

フォトさいたま

打ち上げられる瞬間も良いですが、破裂した後のカラフルな煙も見どころです。

鮮やかで見惚れてしまいます。

 

アクセス方法と混雑について

午前8時からお祭りが終了する時間まで交通規制が行われます。

そのため、車両進入が一切禁止になります。

車でのアクセスは混雑が予想されますので、なるべく公共交通機関を利用するようにしましょう。

どうしても車でアクセスする場合は、秩父みどりが丘工業団地の無料駐車場を利用してください。

西武秩父駅直通・皆野駅直通の臨時バスも出ています。

スポンサーリンク