いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

七五三の衣装はレンタルと購入を比較するとどちらがお得なの?

      2016/06/15

レンタルショップにはかわいい衣装がいっぱい

七五三

七五三のお祝いは一生に一度のことです。

そのため、どこの親もできる限り最大の手間をかけて祝ってあげたいと思っているものです。

11月の行事なのに、春から夏にかけて頻繁にチラシが折り込まれたり、雑誌などでも紹介されているので、早くから予算を組んで予定を立てている人も多いでしょう。

最近はショッピングセンター内に子供専用の写真スタジオがあったりするので、色とりどりの衣装を目にするチャンスが増えています。

本来は着物でお祝いをしたものですが、最近は映画の主人公のようになり切れる衣装などが用意されています。

人気のある衣装はすぐに予約が入ってしまうので、早い段階から下見をする人が増えているんです。

洋服でも着物でもレンタルすれば、小物類もトータルで揃えられます。

その上、着付けもしてくれるので、洋装でも和装でも気軽に利用できるという点が最大のメリットと言えるでしょう。

デメリットがあるとしたら、予約のタイミングが遅くなれば気に入ったデザインを借りられない、サイズが合わない、汚さないように気を遣うなどが挙げられます。

スポンサーリンク

 

一生に一度だから購入したい

たとえば親は七五三の衣装は借りればいいかな、と考えていても、お祝いをするのが初孫だったりすると、最良のお祝いをしたいと考えて祖父母がプレゼントしてくれるというケースも少なくありません。

気に入った柄やデザインを選ぶことができますし、洋服なら本人にジャストサイズのドレスを選べます。

着物の場合、3歳児の女の子用は、四つ身と言って子供サイズで仕立てたものを肩上げをして着せるのが一般的なので、7歳の時にもまた着られますし、ひな祭りやお正月の晴れ着として着まわすこともできます。

着物を着た子供

兄弟姉妹がいればおさがりとして再利用できるので、購入費用が高くついたとしても、トータルで考えると安上がりになるケースもあります。

ただし、和装は、じゅばん、長じゅばん、肌着など専用の下着が必要ですし、帯揚げ、帯締め、帯枕など付帯する小物がとても多いので、ある程度の知識が必要なんですね。

和装は流行に左右されないものも多いですが、ドレスは話題のヒロインやヒーローを意識したものが多いので、着回しには無理があるかもしれません。

スポンサーリンク

 

借りたほうが得か、思い切って買ったほうが良いのか

レンタルがいいのか購入したほうがいいのかは、その人の価値判断によるので、一概にどちらがベストチョイスとは言えないですね。

男の子か女の子か、和装か洋装か、一人っ子か兄弟姉妹が多いか、予算が多いか少ないか、など比較条件によってどちらがお得になるか異なってきます。

着物を着た子供

まず、チョイスするポイントの優先度を決めておくと探しやすいです。

ただ、子供はどんどんと成長します。

あまり早い時期から買っておいたり、予約をしてしまうと、いざ本番というときになってサイズが合わないという可能性があります。

また、あまりにも人気の高いデザインにすると、当日には流行りの峠を越えていてテンションが下がってしまうということもあるみたいなので、よく考えて選びましょうね。

スポンサーリンク