いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

これでハロウィンで人気者!魔女メイクと手作り衣装の作り方

      2016/06/11

ハロウィン魔女

ハロウィンと言えば皆さんは何を想像しますか?

かぼちゃ?ゾンビ?私は魔女を想像します。

だから毎年魔女の衣装で登場してみんなを驚かせるのが大好きです。

今年は怖い魔女にしようとか、セクシーな魔女にしようとか毎年趣向を凝らすのが好きなんです。

スポンサーリンク

 

ハロウィンの魔女衣装といえば

魔女と言えばマントと帽子ですよね。

それに魔法の杖を持っていれば完璧です。

これを全部買って揃えても良いですが、私は毎年作っています。

毎年作っても同じものにならないようにアレンジを効かせるのがポイントです。

私が毎年作っている手作りの方法はとっても簡単です。

 

魔女衣装の手作りの方法

19a320c98cb349821cc15fec6c1887f6_s_R
・例えばマントの場合はまず長方形の黒い布を用意します。

横長に布を置いて上部10cmくらいを袋状に縫って、その中にリボンを通せば出来上がりです。それを羽織ればマントの完成!とっても簡単でしょ。

もう少し良いものにしたい場合は、黒い布だけでなく、紫やオレンジの布を縫い合わせて作っても良いですし、リボンやラメをちらしたりするのも良いです。

布はサテンがキラキラと光って良いですけど、そんなにこだわらなくても大丈夫ですよ。

自分なりの衣装になれば良いわけですから。

 

・それから帽子も本当に簡単です。

黒のフェルト布地を扇形と円状に切り抜きます。

円状の方は帽子のつばになりますから、中を同じく円状にくり抜いて頭を入れることができるようにします。

この円状の布に、楕円形を円錐状に丸めて縫い合わせれば、魔女の帽子の完成です。

トップに星やどくろをつけて、これまたアレンジを楽しむことができます。

スポンサーリンク

 

魔女メイクの仕方

メイクの仕方もお伝えしますと、アイシャドウは緑や紫など濃いカラーのものを目から眉毛まで思いっきり塗ります。

下まぶたも黒いアイシャドウを塗り、スポンジでぼかした後、上からラメをちらします。

アイライナーはとにかく太く濃くが基本。

ラインは眉毛に届くくらい大胆に引きましょう。

カラーコンタクトやマスカラを使うとより目の印象が強くなるのでおすすめです。

リップは赤や黒などマットな感じになります。

口角を上にあげるようにやや長めにリップライナーを引くとリップの印象が強くするのに効果的です。

でも、あまりやりすぎると口裂け女みたいになるので要注意です。

あまりメイクをしたくない、という方はハロウィンのシールを頬に貼るだけでも可愛くて良いと思います。

ハロウィン

手の込んだ衣装やメイクをしなくても大丈夫。

楽しめば良いのです。

ハロウィンはもともと古代ケルト人のお祭りで、秋の収穫を祝い、悪霊を追い出すという意味から始まったのだそうです。

現在では日本でも浸透していて、その経済効果は2014年ではクリスマスに次ぐ1100億円なんだとか。

そんなに盛り上がっているのであれば無礼講で色々いたずらしても良いのかなって自分では思ってしまっています。

もちろん悪意のあるいたずらはダメですよ。

子供にもどって「お菓子をくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ」って周りにちょっかい出してしまいましょう。

衣装もメイクも自己流ですが、それでもこんなに楽しめるお祭りなので、まだチャレンジしたことがない方は是非どうぞ。

スポンサーリンク