いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

ガーネットの意味と効能

      2016/02/24

ガーネット

ガーネットは和名で柘榴石と呼ばれる1月の誕生石でありますが、生命力あふれる赤い色を放つ石です。

中世ヨーロッパでは、その赤色が血の色を象徴するといわれ、戦地へ向かう兵士はガーネットを身につけることで、怪我をしないで、生きて生還すると言われるお守り石でありました。

スポンサーリンク

 

○意味は?

ガーネットの赤色が生命を感じさせることもあり、古代ローマ時代から血行を良くする血止めに効果があると用いられてきました。

また不安や恐怖の心を取り除く効き目もあるので、人の持つマイナスのエネルギーから身を守ってくれる効果もあります。

指輪やネックレスとして身につけることで、病気除けの効き目もあり、心臓にもよい効果があるとされています。

ガーネットは強い情熱と揺るぎない信念を持ち主に授け、目の前の困難に打ち勝つ石とされているため、まさに希望の石として大切にされています。

また、豊穣や多産の願いをかなえるとも言われるガーネットは、まさに人生や恋の強い味方になります。

○効能は?

昔から血液と深い関係のあるパワーストーンとして注目されてきていて、血流をよくすると言われていることから、冷え性の人の体質改善のサポートも期待できます。

また、不眠の方は、枕の下へガーネットを置くことで安眠効果があるとも言われていますし、心も体もサポートする力のある石です。

安眠

大きな困難を迎えても打ち勝つ効果があるため、受験の守り石としても注目を浴びていますし、夢の実現を願う人にはおすすめです。

中世ヨーロッパでは十字軍が妻へガーネットを贈り貞節を守るように渡したとも言われ、貞節と友情の石でもあります。

愛に忠実に、大切に育みながら、その愛を持続する力があることから、夫婦円満にも力を貸してくれそうです。

非常にパワーのある石であるため、持ち主の願いをこめると、強い味方になってくれます。

幾多の困難も弾き飛ばすような力を持つガーネットもお手入れすることで、あなたをますますサポートしてくれますよ。

ガーネットの浄化方法は、日光、月光、水どれでも大丈夫な石でありますので、石が疲れていると感じた時は浄化してあげてくださいね。

スポンサーリンク

 

情熱の生命力のガーネット!

和名に柘榴石と呼ぶほど、柘榴は子宝にもよいとされる実りあるもの、その石もまた、子宝、心身の健康、夫婦円満などに強い石とされています。

情熱

強い石というものは、あなたが強い思いで大切にすることで実りある方向へサポートしてくれます。

情熱の赤より生命力をもらい、あなたの夢の実現に向けて、ぜひ身近に置いてみてくださいね。

スポンサーリンク