いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

敬老の日にお花をプレゼントするならどんなメッセージを添えますか?

      2016/06/21

敬老の日

敬老の日のプレゼントと言えばお花でしょう。

心のこもったメッセージを添えるとさらに喜んでもらえるはずです。

もしお孫さんがいらっしゃるようなら、「いつも遊んでくれてありがとう」とか「また遊びに行くね」なんていう心が温まる言葉を書くと、おじいちゃん、おばあちゃんとって最高の敬老の日になるでしょう。

「日頃の感謝の言葉」なんて堅苦しく考えてはダメ!お孫さんが自分の心から出てくる言葉をそのまま書いた方がきっと相手に伝わるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

お花のプレゼントにはメッセージを添えるべき?

プレゼントならお花だけでも、という方もいますよね。

でも、言霊という言葉を聞いたことがありませんか?すべての言葉には霊力が宿っているそうです。

ですから常日頃から良い言葉を口にするようにしておけば自分だけでなく周りのみんなも気持ちが良くなるそうです。

よく「類は友を呼ぶ」という言葉を聞きますよね。

不平・不満を言う人の周りには不平・不満の人が集まり、反対に感謝の言葉を常に口にする人の場合は、感謝の言葉を口にする人が集まるものだそうです。

不思議ですよね。

 

率直に感謝を伝える「ありがとう」

メッセージ
やっぱり、せっかくメッセージを添えるのなら、素直に感謝を伝えられる「ありがとう」を入れましょう。

もう少し長くてもいいですし、ありがとうだけでも、気持ちは十分に伝わるはずです。

いつもは恥ずかしくて中々「ありがとう」と感謝の言葉を言えない人に対しても、こういう記念日を利用して、「ありがとう」を伝えることができればいいですね。

スポンサーリンク

 

お世話になった方へのメッセージは?

お世話になった人に対して感謝する場合は

つも優しい言葉をかけてくださってありがとうございます。いつまでもお元気でいてください」

「ご長寿お喜び申し上げます。ますますのご健勝をお祈りしております」

など「ありがとう」の他に健康に気を使った言葉を添えると良いと思います。

やはりお世話になった方にはいつまでもお元気でいてほしいものですよね。

私の周りにも沢山のご長寿の方がいらっしゃいますが、声をかけてくださったり、食べ物をいただいたりしています。

こういう時にこそ日ごろの感謝の気持ちをお伝えした方が良いですよね。

お花なら多くの人に喜んでいただけますし、それに普段口にするのが恥ずかしいようなかしこまった言葉でも文章にすると書けてしまうものですよね。

こういう機会にあらためて感謝の気持ちを表現すると良いのではなんて思います。

 

あと敬老の日に自分の両親にお花を贈る人が多いらしいですよね。

私の両親は確かに歳をとっていますけど、プレゼントを贈ったことはありません。

だって自分の両親っていつまでも「親」であって「おじいちゃん、おばあちゃん」のイメージがないでしょ。

でも「両親に感謝する日」っていうのが存在しないから、こういう時にプレゼントをして「ありがとう」って伝えるのも良いのかなって思いました。

親孝行は生きているうちにしかできないから。

そう思うと色々な日を記念日にして「ありがとう」って伝えていけば本当にみんな優しくて良い気持ちになれるのかなって思います。

スポンサーリンク