いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

夏越の祓には水無月を食べるの?その時期や由来、さらに意味は?

   

水無月

夏にも色々と行事がありますが、夏越の祓という行事をご存じですか?

夏に向かって行く時期に行われる行事なんですよ。

スポンサーリンク

 

夏越の祓は半年分の穢れを落とす行事!

夏越の祓とは、時期としては旧暦の6月末頃に行われる行事であり、半年分の穢れを落とす意味があります。

これから半年間の健康や厄除けを祈る行事でもあります。

夏越の祓は神話における伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の禊祓(みそぎはらひ)が由来であると言われています。

夏越の祓いを行っているのは出雲系の神社となっていて、その他には京都上加茂神社や下鴨神社、そして大阪の住吉大社などが有名です。

西日本方面で行われている行事だということがわかるのではないでしょうか。

 

夏越の祓の『茅の輪くぐり』とはどんな方法?

茅の輪くぐり

夏越の祓では、『茅の輪くぐり』という厄祓いの方法が用いられます。

チガヤという草で編まれた輪を茅の輪というのです。

大きな茅の輪が神社の境内に作られていて、その輪の中を『水無月の夏越の祓する人は、千歳(ちとせ)の命延(の)ぶというなり』と唱えつつくぐります。

茅の輪をくぐると、災いや病気を免れることができると言われているのです。

茅の輪くぐりの由来は『備後風土記』の中の日本神話から来ているとされています。

昔、ある兄弟の元に1人の旅人がやってきて、一晩泊めて欲しいと頼んだのです。

お金持ちの兄は旅人が泊ることを拒否したのですが、貧しい蘇民将来(そみんしょうらい)という弟は、気持ち良く旅人をもてなしました。

数年が経ち、旅人は蘇民に恩返しをするために再び現れるのですが、その旅人はスサノオノミコトだったのです。

スサノオの教えの通りに蘇民が茅の輪を腰に付けたなら、疫病からも逃れることができ、以降子孫も繁栄していったのでした。

これが、夏越の祓で行われる『茅の輪くぐり』の由来と言われているのです。

この他にも、人形(ひとがた)という人の形を模した形代を流して厄を落とすという方法もあるんですよ。

スポンサーリンク

 

京都では夏越の祓の時期に水無月を食べる!

京都では、夏越の祓の日に『水無月』という和菓子を食べるという風習があります。

『水無月』とは、三角形をしたういろうの上に邪気を祓うとされている小豆を載せた和菓子です。

三角形という形は、削ったばかりの氷の意味があるのです。

冷房や冷蔵庫などといったものがなかった時代には、暑さのやってくる7月にはたびたび病が流行しました。

体力も使ってしまうことから、甘く食べやすさのあるお菓子を食べてエネルギーを蓄え厄祓いをしていたのです。

昔は庶民にとって氷は手の届かないものだったのです。

そういったことから、氷に憧れを抱いていたこともあり、氷のように象られた『水無月』を食べられていました。

氷に憧れる気持ちもあって、水無月が生まれたんですね。

夏越の祓の時期に『水無月』を食べることで、1年を折り返すのだということを実感することもできそうです。

季節に合ったものを食べることも大事なものなのです。

スポンサーリンク