いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

天の川の撮影がしたい!見える場所や時期、方角について

   

天の川

天の川と言うと、夜空に浮かび綺麗に輝くものですので、写真に撮影したいという方も多いのではないでしょうか。

天の川は七夕の時期に見られると思われるかもしれませんが、その時期しか本当に見られないのでしょうか。

そして、どちらの方角で撮影をすれば素敵な天の川が撮れるのか、気になりますね。

スポンサーリンク

 

天の川は本当はいつの時期でも見られるの!?

天の川はどんな時期でも見られるんです。

ただ、最も綺麗に見えるのが夏なんです。

電気などといった灯りがなくて、月明かりもあまり明るくない時が、撮影におすすめとなります。

とくに新月の時期は、あまり月が顔を覗かせないので、この時期を選ぶとはっきりと見えるでしょう。

天の川と言うと、七夕の季節を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。

七夕であれば、午後9時頃が適しています。

 

他の明かりがあまりない高い山にでかけるのがカギ!

夜空

天の川を撮影するなら、小笠原諸島などの離島を訪れることが最も適しています。

けれど、わざわざ離島まで行けないと言う方もいらっしゃるかもしれません。

そういった時には、もし関東近くで撮影スポットを探すなら富士五胡の近辺や奥多摩などがおすすめです。

なるべく山の方面に向かうことが、天の川の撮影には必要です。

ただし、日没後の山へ行くことになるので、万が一のことも考えましょう。

携帯電話の電波が届く場所で見ると安心です。

スポンサーリンク

 

天の川はベガとアルタイルの間を流れている!?

さて、では天の川が見える場所や方角はどちらなのでしょうか。

天の川は真東に見えて、3つの明るめの星があることをチェックすることが大事なんです。

一番高い場所で明るく輝いているのがベガであり、そこから一番遠い位置で輝いているのがアルタイルです。

その間を、川のように走っているのが、天の川です。

ベガやアルタイルといった星たちは私たちの目でもそのまま見ることができますが、天の川は明るいところでは見つけにくいんです。

なので、暗い場所に行って望遠鏡などで見るようにしましょう。

 

天の川を撮りたい!そんな時の撮影機材はどうする?

天の川を撮影してる人々

天の川を撮影するなら、機材もきちんと揃えたいものです。

一番大切なカメラは、一眼レフやミラーレスカメラ、コンパクトデジタルカメラなどが挙げられます。

ミラーレスカメラやデジタルカメラであっても、最新機器などであれば撮影ができるでしょう。

反対に、一眼レフであっても古い型のものであれば撮影が出来ない可能性もあります。

レンズに関しては、魚眼レンズや広角レンズなどを用意しましょう。

迫力のある天の川が撮影できるようになります。

さらに、カメラを固定するために三脚を用意することも忘れてはいけません。

カメラのシャッターを自身で押すとぶれてしまうこともあるので、リモコンなどもきちんと持って行くようにしましょう。

もしリモコン等の付属がない場合には、タイマー機能を活用すると良いです。

シャッターのスピードを自分で設定することができるタイプを選ぶこともポイントですね。

スポンサーリンク