いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

七夕の由来や短冊に願い事を書く意味とはどんなもの?

   

短冊

えるという物語もあるので、特に女性にとってはロマンチックなイメージもあるのではないでしょうか。

七夕のことを詳しく知っておくと、さらに七夕が楽しめるかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

棚機女(たなばたつめ)という乙女が七夕の由来!?

古来より、乙女が機織りをして棚に供え神様を迎えて、秋の豊作を願うことや人々の穢れを払う禊の行事が行われていました。

機を織る乙女のことを『棚機女(たなばたつめ)』と呼び、機織りをする機械のことも『棚機(たなばた)』と言ったのです。

段々と時が経つにつれて、お盆を迎えるための準備の行事として7月7日の夜に行われるようになっていきました。

このことから、『七夕』を『たなばた』と当て字のようにして呼ぶようになったんです。

 

織り姫と彦星の伝説は中国が発祥!

織り姫と彦星

七夕と言えば、織り姫と彦星の伝説が有名です。

この逸話は、中国から来ているそうです。

織り姫はこと座のベガとも言われる、織女星とされていて、織り姫は縫製の仕事を司るとされているんです。

そして、彦星は牽牛星と言って、鷲座のアルタイルを意味します。

彦星は農業を司ると言われているんです。

この2つの星は、7月7日だけ天の川を挟み1年で一番輝きます。

そういったことから、ロマンティックな逸話が作られるようにもなっていったんです。

このように、中国の逸話が元であることは、驚きですよね。

スポンサーリンク

 

乞巧奠(きこうでん)という機織りの技術上達を願う意味もある!

乞巧奠(きこうでん)という中国の風習も、七夕には関係しているんです。

7月7日に織女星が最も輝くことにあやかってか、機織りや縫製の技術が上達することを願う風習が生まれました。

それが、後に縫製等のみではなく芸事であったり、書道などといったものに関しても、上達するように願う風習になったんです。

そうして、初めは織り姫にまつわる願い事がされていたのですが、いつしか様々なことを願うようになっていったのです。

こうした、風習や伝説、行事などが合わさり、現在の七夕になっていったと言えるでしょう。

 

短冊に願うのは、手習いが上手くなるため!?

手習い

七夕では、短冊に願い事を書くという習慣があります。

昔は、短冊を飾っていたわけではなく、5色の糸を供えていたんです。

この5色は中国の陰陽五行説から来ていて、本来は赤、青、黄、白、黒となっていました。

それから時を経て布に変化し、江戸時代に庶民にも七夕が浸透してきましたが、布は高価であったことから庶民には中々手に入れられないものでした。

そのため、紙の短冊に変わっていったのです。

宮中で七夕が行われていた時代には、梶の葉に和歌を書き笹竹に吊るすことで書道などが上達するように願う風習があったんです。

江戸時代には手習いなどが盛んに行われるようになってきたこともあり、手習いが上手くなるようにと願い、短冊に願い事が書かれるようになり、今に至っています。

スポンサーリンク