いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

夏は化粧水のつけ方にも気をつけよう!毛穴を引き締める方法

      2016/05/20

女性

夏は1年を通して肌トラブルが多い季節。紫外線やエアコンによる乾燥、汗による毛穴の開きなど、さまざまな肌トラブルが起こりお手入れが大変です。

『夏は汗で肌が乾燥しにくい』と思っていたら大間違い。

夏の正しいスキンケアを知って、肌トラブルを回避しましょう!

スポンサーリンク

 

なぜ夏は肌トラブルが多い?

春は花粉で、冬は空気の乾燥で肌トラブルを起こしやすいですが、実はもっとも肌トラブルを起こしやすい季節は夏だといわれています。

その理由は、紫外線やエアコン、汗などさまざま。夏は湿度が高く肌が潤いやすい印象がありますが、実際はその反対でとても肌トラブルを起こしやすい季節といわれています。

ですから、『汗をかくからスキンケアはしなくて良い』という考えは非常に危険。夏だからこそ、しっかりスキンケアが必要です。

 

夏は、肌のバリア機能が低下しやすいといわれています。

それは、外で活動する時間が長くなるからです。

そうすると、外気から常に肌を攻撃されているわけですから、肌はどんどん弱っていきます。もちろん室内にいても、エアコンが効きすぎているとバリア機能は低下してしまうでしょう。

他にも、ストレスで交感神経が刺激されることでも、肌トラブルは起こります。

スポンサーリンク

 

夏の化粧水のつけ方

ひと口に化粧水といってもさまざまです。

しっとりタイプやさっぱりタイプなど、肌の状態や季節に合わせて使い分けることができます。

夏は高温多湿のためさっぱりタイプを選びがちですが、紫外線やエアコンで乾燥しがちですから、『適度に保湿できる』ことも重要です。

特に毛穴トラブルが多いといわれていますから、毛穴ケアもできるとGOOD。

化粧水

夏におすすめの化粧水は、収れん化粧水・拭き取り化粧水などです。

収れん化粧水は、もともと脂性肌のための化粧水。

さっぱりしており肌のテカリを適度に抑えながら毛穴を引き締めます。

そのため、蒸し暑く汗をかきやすい夏にはピッタリ。

毛穴を引き締めることで皮脂を抑え、毛穴を清潔にしてくれます。ニキビ予防や改善にも効果的な化粧水でしょう。

ただ乾燥肌の人はこれだけでは潤いが足りません。

収れん化粧水をコットンで肌に馴染ませたら、保湿化粧水でしっかり保湿をしてあげましょう。

 

拭き取り化粧水も、収れん化粧水と似ています。

その名のとおり拭き取るタイプの化粧水で、毛穴の黒ずみや詰まりを除去します。

もちろん毛穴引き締め効果も期待できます。

拭き取り化粧水をした後は、化粧水・乳液で肌を整えてください。

 

コットン派?手でつける派?

399820_R

化粧水のつけ方のひとつにコットン派・手でつける派があります。

コットンのほうが化粧水が浸透しやすいという意見もありますが、温かい手で馴染ませたほうが良いという意見もあります。

どちらが良いかは、自分が試して良かったほうを選ぶと良いでしょう。

たっぷりバシャバシャと化粧水をつけたいという方は、断然手でつけるほうがおすすめです。

また敏感肌の人は、コットンよりも手を使ったほうが安心でしょう。

スポンサーリンク