いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

名物ナイアガラを鑑賞したい!足立花火大会2016の由来やスポット

      2016/07/16

ナイアガラ花火

イメージ

毎年夏になると全国各地で次々に開催されるのが花火大会です。

東京でも、隅田川や江戸川など大規模な花火大会があり、その中で最も早く開催するのが足立花火大会です。

 

足立花火大会は、「足立の花火」の名称で広く親しまれ、毎年40万人の人々を集める人気のイベントです。

荒川河川敷の西新井橋と千代田線鉄橋の間あたりを会場とし、毎年7月最終土曜日2日前の木曜日に開催されます。

 

例年19:30頃からスタートすると、1時間という比較的短い時間に12000発もの花火が打ち上げられるので、非常に密度の高い濃縮した時間を楽しめることが特徴です。

 

また、東京スカイツリーが完成してからは、怒涛のように打ち上げられる花火とスカイツリーの美しいコラボレーションも見どころの一つになっています。

スポンサーリンク

 

由来

足立花火大会は、明治時代にまで起源を遡る歴史あるイベントです。

その始まりは千住大橋の落成を祝って打ち上げられたものと伝えられ、大正時代からは千住の花火大会として毎年開催されるようになり、庶民の間で親しまれていきました。その後、戦争で中断された後に復活するも、残念ながら河川改修のため続行は不可能となりました。

 

しかし、多くの足立区民の要望により1978年に再び花火は打ち上げられ、以降は足立の花火大会として全国にその名を轟かせるになり現在に至っています。

 

見どころ

足立花火大会は、前述のように小一時間の間に次々と打ち上げられることが最大の特徴ですが、その中でも、仕掛け花火ナイアガラは足立の名物といわれています。

美しいナイアガラが完成した後は、それを祝うかのように盛大な花火が打ち上げられ観客を喜ばせてくれます

スポンサーリンク

 

鑑賞スポット

足立花火大会といえば、荒川河川敷の土手に座ってのんびりと鑑賞できることがメリットです。

 

千住側は打ち上げ場所なので立ち入り禁止区域が広く毎年混雑しており、スペースがたっぷりある西新井側での鑑賞がおすすめです。

しかも、名物のナイアガラを途切れることなく鑑賞できるのは西新井側です。

 

千住側に行くならお昼頃には場所取りに行きたいものですが、西新井側なら3時頃でも大丈夫でしょう。

 

また、花火大会といえば良い場所には有料席が設けられているものですが、足立花火大会には残念ながらありません。

 

穴場スポット

 

扇橋大橋や虹の広場などまで移動すると、遠くはなりますがゆったりとしたスペースを確保できます。

 

また、風流に屋形船から鑑賞するというのも、年に1度の贅沢な楽しみといえるかもしれません。

料理付きか持ち込みかにもよりますが、料金は15000円~25000円程度かかるでしょう。

 

瀬川丸、池上、釣八乙女丸といった業者の屋形船から鑑賞できます。

 

アクセス

会場への最寄り駅は、JR常磐線、地下鉄北千住駅、東武スカイツリーライン小菅駅、五反野駅、梅島駅などで、いずれの駅からも歩いて15分程度かかります。

 

かといってマイカーで行くのは、都心開催だけに避けた方が良いでしょう。

会場周辺では交通規制も敷かれます。

スポンサーリンク