いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

神宮外苑花火大会は花火とLIVEを楽しめる!2016年会場は?

      2016/05/12

花火大会

神宮外苑花火大会は、隅田川花火大会や東京湾大華火祭と共に東京三大花火大会のひとつに数えられる花火大会です。

 

毎年8月の明治神宮外苑で10000発もの花火が打ち上げられ、15万人ほどの人が集まる人気イベントで、花火に先立って行われるゲストによるLIVEの入場にはチケットが必要です。

会場周辺で花火を見物している人を含めれば100万人ほどに達するともいわれています。

 

また、都心部で行われているだけあり、周辺1キロ以内であればマンションなどから気軽に眺められることも特徴です。

 

例年、花火の打ち上げは19:30頃スタートし、1時間程度で終了となります。

スポンサーリンク

 

会場とアクセス

神宮外苑花火大会は明治神宮野球場をメイン会場とし、その周辺にある東京体育館、秩父宮ラグビー場、神宮軟式グラウンド、聖徳記念絵画館前「ドイツガーデン」などが会場となります。

最寄り駅は、

  • JR千駄ヶ谷駅、信濃町駅、代々木駅
  • 東京メトロ外苑前駅、青山一丁目駅、表参道駅
  • 都営大江戸線国立競技場駅

などで、都心開催だけあって非常に便利です。

アーティストのLIVEも見どころ

神宮外苑花火大会には、毎年さまざまなアーティストが来場してLIVEを行っています。

 

2015年には、氷川きよしや山川豊、水森かおり、アンジュルム、こぶしファクトリーなどが参加しています。

LIVEのメイン会場となるのは、神宮球場と神宮軟式球場ですが、他の会場でも特大スクリーンに流れるLIVE映像を楽しめます。

 

また、前述のように花火に先立って行われますが、神宮球場では花火打ち上げ終了後にもスペシャルステージが行われます。

過去には、松平健がサプライズで登場した他、プロレスやよしもと芸人によるお笑いライブなども披露されています。

スポンサーリンク

 

チケット料金

花火もLIVEも迫力満点という一番人気の神宮球場チケット料金は、アリーナ席、スタンド席ともに6500円ほどです。

東京メトロ外苑前駅、青山一丁目駅から至近距離の秩父宮ラグビー場はスタンド席で2500円ほどです。

出店がたくさん並んでお祭り気分を味わうには最高の神宮軟式グラウンドは自由席2500円ほど、当日券3500円ほどです。

花火を満喫するには最高のスポットである東京体育館は指定席で4000円ほどです。

 

いずれのチケットもチケットぴあで購入できます。

穴場の鑑賞スポット

東京メトロの外苑前駅か青山一丁目駅からほど近い、イチョウ並木からも非常によく花火が見えます。

でも、地元民も多数押し寄せるため毎年混雑する場所でもあります。

 

また、東京メトロの外苑前駅か東京メトロの表参道駅からほど近い、青山3丁目の歩道橋もおすすめです。

地下鉄に近いので、混雑するまえに帰路につけるというのもメリットでしょう。

 

さらに、やや遠目で無料ではありませんが、都営大江戸線六本木近くの六本木ヒルズ展望台東京シティビューもおすすめですし、都営大江戸線都庁前が最寄りの東京都庁展望室というスポットもあります。

スポンサーリンク