いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

8月26日はレインボーブリッジの日!イルミネーションの開場時間はいつ?歩くことができるって本当?

      2016/05/26

レインボーブリッジ

8月26日は、レインボーブリッジの日。2013年に20周年を迎え、2016年で23年目になります。

イルミネーションが綺麗なレインボーブリッジは、東京の街をより明るく美しく光り輝きます。

そんなレインボーブリッジの誕生の日に、橋を歩くことができるのは知っていますか?

観光スポットとしても人気の高いレインボーブリッジ。

誕生の日はぜひ足を運んでみてください。

スポンサーリンク

 

レインボーブリッジの歴史

レインボーブリッジは、1987年(昭和62)に着工がはじまり、1993年(平成5)に完成しました。

東京臨海副都心と都心部を結ぶために造られたレインボーブリッジは、今や東京の象徴のひとつになっています。

そんなレインボーブリッジですが、正式名称が『東京港連絡橋』というのは知っていますか?橋の長さは798メートル。

高さは127メートルあり、幅は49メートル。

レインボーブリッジという名称は一般公募によってつけられ、通常は正式名称のほうで呼ばれています。

 

人気の理由は、構造やイルミネーション、眺望です。

上下二層になっており、上層には首都高速道路11号場線が通っています。

下層は臨港道路(海岸青海線)。

臨港道路の一部は、ループ状になっているのが特徴です。

イルミネーションが光っているレインボーブリッジ

3色に変化するイルミネーションは世界で初といわれており、時間によって切り替わります。

主塔は白色。

時間によってケーブルイルミネーションが東京湾を照らします。

 

そしてレインボーブリッジといえばなんといっても『眺望』です。

東京湾だけでなく、東京タワーや東京の街の光などすべてが合わさり輝きます。

週末になるとドライブコースとしても人気があり、絶景として知られています。

スポンサーリンク

 

イルミネーションの開場時間

 

季節によって異なります。ライトアップは、日没から24時まで。

4月から10月までの期間は主塔が白色に光り、11月から3月までは温かみのある白色に光ります。

年間を通しては、橋桁下やアンカレイジは緑がかったような白色にライトアップされます。

 

また、平日と週末、イベント時にもイルミネーションが変わり、白・緑・コーラルピンクは平日にライトアップされるのが特徴です。

さらにクリスマスや年末年始などのイベントの日はスペシャルライトアップが実施され、特別なイルミネーションを見ることができるでしょう。

歩くことができるってホント?

レインボーブリッジの遊歩道

はい、本当です。レインボーブリッジは、上下二層構造。上層は高速道路ですが、一般道はゆりかもめや歩行者専用道路など遊歩道が設けられています。

意外にも知られておらず、レインボーブリッジは歩けないと思い込んでいる人も少なくありません。

遊歩道では、船や東京ウォーターフロントなど一望できます

間近で東京湾を感じられ、イルミネーションを見ることができるのでデートスポットにも良いでしょう。

 

散策時間は20~30分程。

夏季は4月1日~10月31日まで9時~21時冬期は11月1日~3月31日まで10時~18時が開場時間となっています。

スポンサーリンク