いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

海水浴でクラゲが出やすい時期はいつ?対策と対処法について

      2016/05/24

海水浴

海水浴で注意したいのが『クラゲ』です。

夏になると海水浴を楽しむ方も多いと思いますが、海にはたくさんの危険が潜んでいます。

クラゲ以外にもいろんな生物がいますから、海水浴をされる方は海水浴の注意点をしっかり学び、マナーを守って楽しみましょう。

スポンサーリンク

 

クラゲが出やすい時期

クラゲは、何も年中出現するわけではありません。

基本的に一年中海の中に生息にしていますが、出現しやすい時期とそうでない時期があります。

ですから、その時期さえ避けていれば安心して海水浴を楽しむことができます。

クラゲ

その時期とは、『お盆まで』です。

海水浴をするならお盆までが安全というのを聞いたことはありませんか?これは、お盆になるとクラゲが出現しやすくなるからです。

では、『お盆までなら海水浴をしても問題ない』ということでしょうか?残念ながらそういう意味ではありません。

クラゲは主にアンドンクラゲを基準にしており、この種類のクラゲが出現しやすいのがお盆なため、『海水浴をするならお盆まで』という言い伝えが広まったのでしょう。

しかしクラゲは一年中生息しています。

クラゲが出現しにくい時期に海水浴をしたのに、クラゲを見たというケースがあるのは、アンドンクラゲ以外のクラゲが出現している可能性があるからです。

 

ですから、『この時期なら安全に海水浴ができる』というのは正直少なく、どの時期でもクラゲに注意しながら海水浴をする必要があります。

そして、クラゲが大量発生しやすい時期は絶対に避けましょう。

スポンサーリンク

 

クラゲの種類を知ろう

アンドンクラゲ以外にも、ミズクラゲやアカクラゲなど、いろんな種類のクラゲが存在します。

ミズクラゲは、毒性は低く、刺されるとかゆみを伴うことが多いでしょう。

痛みもほとんどありませんが、大きいミズクラゲに刺されてしまった場合、皮膚が薄い場所や敏感な方は痛みを感じやすくなります。

 

アカクラゲは、強力な毒を持っているのが特徴です。

赤の縞模様があり、直径20cm程。刺されるとミミズ腫れを起こし、最悪呼吸困難を起こしてしまうことも…。

別名ハクションクラゲとも呼ばれています。

 

他にも、カツオノエボシやハブクラゲなどが有名です。

アンドンクラゲは、いわゆる電気クラゲと呼ばれているクラゲです。

無色透明で見つけにいくいという欠点があり、強い痛みを感じるでしょう。

対策と対処法とは

201604

刺されにないようにするには、予防クリームがおすすめです。

クラゲ対策のクリームがあり、こちらのクリームは日焼け止め効果もあるので、海水浴には最適でしょう。

クラゲに触れても刺されにくいというメリットがあり、安心です。もちろん、クリームを塗ったからといって必ずしも刺されないというわけではありません。

あくまで『クラゲ対策』です。何も塗らないよりも安心でしょう。

また、露出を避けたり、安全区域で泳いだり、クラゲの出現が少ない場所を選んだり、対策はいろいろあります。

 

万が一刺されてしまった場合は、すぐに病院へ行ってください。応急処置としましては、洗い流す・触手を抜く・暖める(冷やす)などの方法があります。

スポンサーリンク