いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

暑中見舞いに正しい文例を学んでビジネスや返信に役立てよう

      2016/05/15

暑中見舞い

夏になると『暑中見舞い』を送る方もいるでしょう。

暑中見舞いは、1年でもっとも暑い時期に、相手の健康を気遣って送るハガキのことをいいます。

ビジネスでも、お世話になっている取引先や顧客に送りますが、気になるのが文例です。

個人間での暑中見舞いであればある程度自由に書いても問題ありませんが、ビジネスとなるとやはりきちんとした内容で書かなければいけません。

暑中見舞いの正しい文例を学んで、ビジネスでも役立てましょう。

スポンサーリンク

 

暑中見舞いに相応しい文例とは

①まず最初に、暑中見舞いの挨拶を書きます。

一般的な文章は『暑中お見舞い申し上げます』

冒頭に書く言葉ですから、少し大きめに書くようにしましょう。

次に、安否を気遣う言葉です。

『お元気でお過ごしでしょうか?』『いかがお過ごしでしょうか?』といった言葉になります。

もちろん書き手の近況報告も必要です。

なるべく具体的な内容のほうが分かりやすく、受け取った側も喜んでくれます。もしお中元をいただいた場合は、この部分にお礼の言葉を入れても良いでしょう。

③相手の体調を気遣い言葉を書いたら、最後に日付を書いて終了です。

まだまだ暑い日が続きますから、体調を気遣う言葉は入れたほうがベスト。

日付は正確でなくてもOKですが、暑中見舞いの場合、一般的に『平成○年盛夏』と書きます。

スポンサーリンク

 

レイアウトはどのようにしたら良い?

デザインは自由で構いませんが、分かりやすく書くのがポイントです。

パソコンに暑中見舞いの雛形がありますから、それを利用しても良いでしょう。

文字ばかりだと読みにくくなってしまうので、挿絵があるとGOOD。

段落の書き出しは一文字下げてから書き始めましょう。

自宅にパソコンがないという方は、業者に依頼しても構いません。

少人数へ送る場合は、手書きでも可能。

文房具店や雑貨屋などに暑中見舞いのハガキが売っていることがありますので、友人に送る場合は利用してみてはいかがでしょうか。

暑中見舞いのハガキ

暑中見舞いを送るタイミング

夏に送るのが暑中見舞いとはいえ、夏の終わりは残暑になります。

暑中見舞いと残暑見舞いの境が分からないという方は少なくないのでは?

暑中見舞いを送ったつもりが、気づけば残暑見舞いの時期だった…なんてこともあります。

送った相手が友人であれば良いですが、ビジネス関係であれば大変です。

 

暑中見舞いを出す時期は、いくつかの説があります。

1つ目は7月19日~21日、2つ目は7月6日~8日、3つ目は7月中旬~下旬です。

要するに、7月中に送るのが暑中見舞いということになります。

3つとも8月7日までに送るという決まりは共通していますので、暑中見舞いを出す方は7月中に、遅くても8月の最初の週までには送るもしくは返信するようにしましょう。

 

ちなみに、8月7日は立秋の前日です。

そのため、7日以降に送るハガキは残暑見舞いになります。

ただ、1日2日ズレただけでは特に気にしないという方も少なくないので、8月中旬以降にならない限りあまり深く考えすぎないようにしましょう。

スポンサーリンク