いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

お盆の時期の新幹線、往復キップ予約はいつから買える?

      2016/05/16

キップ

お盆の時期は帰省する人が多く、交通機関の予約が混雑します。

特に新幹線で指定席やグリーン車などに乗る場合、予約が必須。

お盆の往復キップ予約がいつから買えるのか知っておくと、安心して帰省できるでしょう。

スポンサーリンク

 

お盆の新幹線指定席の予約

お盆になる1か月前からがオススメです。午前10時頃からですと、比較的予約を取ることができます。

地域によりますが、JR東日本の場合、販売開始前の1週間前から受け付けていますので、往復キップ予約をしたいという方は、この時期に予約をすると良いでしょう。

ただ事前受付ですので、予約は成立しません。

しかし、販売開始日から順次処理されていくので、確実にキップを予約したいという方はこの方法で予約をしましょう。

 

お盆の時期は地域によって異なるため、往復キップ予約の時期も違ってきますが7月がお盆という地域は6月中に予約しておくと安心です。

8月がお盆の地域は、7月中に予約をしておきましょう。

お盆の時期は、3週間前くらいから満席が出てきます。

2週間前になると帰省とUターンのラッシュでさらに満席になりますので、早めの予約をオススメします。

指定席

往復キップの予約方法

新幹線の場合、主に2つの方法があります。

JRの駅の窓口とインターネット予約です。

一般的に窓口や旅行会社のカウンターなどを利用される方が多いと思いますが、最近ではインターネットで予約をする方も増えています。

駅の窓口での予約方法は全国共通ですが、インターネットの予約方法は、JRの会社により異なります。

えきねっと(JR東日本)の場合、クレジットカードで指定席・自由席の予約が可能です。

ただしキップの受け取りはJR東日本の駅の窓口だけですので、西日本の方が予約するのは困難です。

他にも、モバイルSuicaやエクスプレス予約(JR東海)、e5489(JR西日本)なども利用できます。

スポンサーリンク

 

安く予約する方法がある?

新幹線のキップ代はバカになりません。

できれば安く購入したいところ。

方法は地域によって異なります。

東北・上越・北陸の各新幹線を利用する方は、JR東日本のインターネット予約がオススメです。

数が限定されているため購入できない場合もありますが、割引価格で通常より安く買うことができます。

パソコンとスマホ

東海道新幹線を利用される方は、『ぷらっとこだま』で割引キップを買うことができます。

乗車時間は長くなりますが、少しでもお得にキップを買いたい方には良いでしょう。

 

山陽新幹線を利用する方は、『おでかけネット』『こだまWEB早特』などが利用できます。

インターネットから予約すると、通常よりも安く購入できるのがメリットです。

駅の窓口でも、早割が効く場合がありますので、なるべく早めに予約することで安い金額でキップを買うことができるでしょう。

 

ただ、お盆の期間は回数券が使えません。

特に8月11日~8月20日までは使用できないので気をつけましょう。

賢く往復キップを購入して、お盆に帰省しましょう。

スポンサーリンク