いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

知っておくと得する?屋形船の歴史と利用方法、貸切や乗り合いについて

      2016/05/13

屋形船

屋形船は、船上で宴会や食事を楽しむための船です。

そのため船には屋根と座敷が備えられており、海から四季折々の景色を眺めることができます。

日本ではとても歴史が古く、『船遊び』として花見や花火を楽しむ人が多かったといわれています。

スポンサーリンク

 

屋形船の歴史

屋形船の原形は、平安時代からあったといいます。

当時は現在のような屋形船ではなく、貴族の遊びとして使われていました。

屋形船が栄えたのは江戸時代。

花見や月見、花火などを鑑賞するために用いられるようになりました。

なかでも隅田川の屋形船は装飾も華やかです。

屋形船

時代によっても屋形船の歴史は異なります。

戦国期になると、織田信長や豊臣秀吉らが船遊びとして屋形船を利用していました。

この頃は句や謡いの会などを催しており、安息の場にもなっていたようです。

江戸期に入ると、豪商や大名などが船遊びを楽しむようになりました。

それらのほとんどが自前の屋形船を持っており、船も大型化しました。

 

歴史とともに変化していった屋形船が現在の屋形船になったのは、1980年代のバブルの頃からです。

『豪華な遊び』として注目され、エアコンやカラオケなどが完備し、より快適に船遊びができるようになりました。

屋形船

屋形船の利用方法について

場所によってさまざまな特色がある屋形船。

そのため、宴会として使うだけでなく、商談や合コン、デートなどでも利用することができます。

利用に応じたプランがあるのも現代の屋形船ならではです。

 

たとえば歓迎送迎・忘年会として利用する場合、屋形船を貸し切って使うことができます。

コース料理や飲み放題などのプランやカラオケなど、海の上で存分に楽しむことができるでしょう。

商談や接待で利用する場合も、屋形船はオススメです。

高級なコース料理なら、ラグジュアリー感もグンとアップ。

印象に残る時間を過ごすことができるでしょう。

また、屋形船はデートや合コンにも人気があります。

デートで利用する屋形船は、とてもロマンティック。

夜景を見ながら過ごす時間は、とてもムードが高まるでしょう。

 

他にも、結婚式の二次会や釣りとのパックプランなど、利用方法はさまざまです。

スポンサーリンク

 

貸切や乗り合いもできる?

いろんな利用方法がある屋形船ですから、もちろん貸切も可能です。貸切として使う場合、合コンや歓迎送迎会、結婚の二次会などが多く、事前予約が必要になります。

では、団体でなければ貸切はできないのでしょうか?結論からいいますと、可能です。

たとえば2名からの貸切も、乗り合い屋形船を利用すれば友達・カップル・家族と少人数でも貸切で利用することができます。

運行期間は会社によって異なりますが、少人数でも貸し切って屋形船に乗れるのは助かります。

基本的にどの屋形船も乗り合いが可能ですので、一度運営している会社に問い合わせをしてみてください。

 

屋形船を選ぶときのポイントは、目的・予算・出航場所やルートなどを明確にしておくことです。

会社によって予算はさまざまですから、しっかりチェックしておくことで安心して利用することができるでしょう。

スポンサーリンク