いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

日傘を買うときはこんなところに注意しよう!選び方・色・素材・遮光について

   

日傘

夏の必需品になっている日傘。

紫外線から肌を守り、暑さを和らげる効果があります。

最近では、男性でも日傘をする人が増えているとか。

女性にとっては必須アイテムですが、そんな日傘でも色や素材などによって効果がさまざまです。

デザインだけで選んでしまうと、思わぬ失敗を招きます。

選び方を知って、賢く日傘を買いましょう。

スポンサーリンク

 

日傘は何色が良い?

日傘にはいろんなデザイン・色・素材があります。

よく『黒色は光を吸収する』なんていいますが、黒色は日傘には不向きなのでしょうか?結論からいいますと、『色の使い方』によって異なります。

前面黒色の日傘は光をしっかり吸収してしまうためNGですが、白と黒のバイカラーのものであれば、黒色の日傘でもOKとされています。

ポイントは、日傘の内側が黒色、外側が白色のデザインです。

また、照り返しには黒色のほうが良いといわれています。

照り返しとは、紫外線が地面に反射したもの。

どんなに日傘をして直射日光を防いでも、照り返し対策ができていなければ意味がありません。

この照り返しを防ぐことができるのが、黒色です。

内側が黒色、外側が白色の日傘が良いといわれているのはこのため。

カラフルな日傘も可愛いですが、しっかり紫外線対策するなら黒色と白色を選びましょう。

日傘

素材も重要?

日傘の選び方に『素材』も挙げられます。

日傘もいろんな素材で作られており、素材によって効果もさまざまです。

色だけで選ぶと、どうしても黒色の日傘は暑苦しいでしょう。

ですから、素材で選ぶのもオススメです。

もっとも効果的な素材は、『ポリエステル』です。他に、麻や綿もGOOD。

これらの素材であれば、必ずしも黒色でなければいけないということもありません。

もちろんできれば黒色でポリエステルの日傘が効果的ですが、日傘は夏にさすことが多いですから、『暑苦しくないもの』を選ぶことも大切です。

スポンサーリンク

 

遮光率も考えたほうが良い?

遮光率の低い日傘は、どうしても紫外線を防ぐ効果が低くなってしまいます。

最近では、『完全遮光』の日傘も増えてきています。

しっかり遮光してくれるので、照り返しも安心。

遮光率がそれほど高くない日傘でも、黒色や白色を選ぶと、色だけで遮光率をアップすることができます。

 

もちろん、質の良い日傘を選ぶだけが良いわけではありません。

いかに長持ちさせるためには、手入れの方法も重要になります。

日傘を開くときは軽く振り、生地の絡みをなくしましょう。

使用後は、必ず陰干しを。

雨具として使える兼用の日傘も増えていますが、この場合雨水をしっかり落とし、陰干しをしてしまうようにしてください。

そのまま収納すると、カビや変色、撥水機能を低下させる原因となります。

また紫外線カットの効果を維持するために、UVカットスプレーをするのもオススメです。

 

ちなみに、麻や綿は赤外線を防ぐのに効果的な素材です。

それに加え通気性の良い素材をプラスして選ぶと、夏でも涼しく日傘を買うことができるでしょう。

スポンサーリンク