いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

山鹿灯籠祭2016年の日程とアクセス方法は?見どころは?

      2016/04/29

花火

イメージ

山鹿灯篭祭は、熊本県山鹿市で行われるお祭りです。

山鹿温泉にある大宮神社で行われ、民謡に合わせて浴衣姿の女性が市内を練り歩きます。

熊本県にはいくつかの大きなお祭りがありますが、山鹿灯篭祭もそのひとつ。

他は、藤崎八旛宮の秋季例大祭・八代市の八代神社の妙見祭が挙げられます。

熊本県民に欠かせない、夏の代表的なお祭りでしょう。

スポンサーリンク

 

山鹿灯篭祭の由来

山鹿灯篭祭の起源は、2つあるといわれています。

1つは、景行天皇が九州を巡幸しているときに、濃霧によって一行は進路を失ってしまいました。

このとき、地元住民が松明を灯し、大宮神社まで一行を導いた説です。

松明がのちに灯篭になり、神社に奉納され山鹿灯篭祭になったといわれています。

 

もう1つは、室町中期に山鹿温泉が枯れ、宥明法印によって温泉を湧き出させたことによる説です。

宥明法印が亡くなった後、追善のために灯篭が奉納され、山鹿灯篭祭の起源になったといわれるようになりました。

開催日程と場所

2016年は8月15日より開催します。

8月16日の2日間に渡り行われます。

初日は奉納灯篭展示・奉納灯篭踊り・納涼花火大会・灯篭踊りが。

奉納灯篭展示は、各町内の街角で行われ、奉納灯篭踊りは大宮神社にて18時30分より開始されます。

花火大会は雨天・荒天の場合順延されますが、予定通り開催された場合、20時~21時頃まで見ることができます。

おまつり広場では灯篭踊りも見ることができますので、チェックしてみてください。

 

翌日16日は、景行天皇の奉迎儀式・たいまつ行列・千人灯篭踊り・上がり灯篭などが行われます。

奉迎儀式は20時15分頃から菊池川河畔にて始まります。

たいまつ行列では菊池川・市内・山鹿小学校グラウンドのルートで20時45分頃から見ることができます。

千人灯篭踊りは2部制になっており、第1部は18時45分頃、第2部は21時頃から山鹿小学校グラウンドにて行われます。

そして最後は各町内から大宮神社へ上がり灯篭が行われお祭りが終了します。

スポンサーリンク

 

見どころについて

見どころは、花火大会や千人灯篭踊りです。花火大会は4000発もの花火が打ち上げられ、ナイアガラや連発花火など、いろんな種類の花火を見ることができます。

千人灯篭踊りは、灯篭の中踊り子たちが踊り歩きます。

その光景は圧巻。

浴衣を身にまとった踊り子たちも見どころです。

千人のうち800人は山鹿市内の女性ですが、残りは市外からの一般参加になります。

思い出作りに、参加してみてはいかがでしょうか。

数回の稽古で、誰でも参加することができます。

 アクセス方法と混雑状況

JR鹿児島本線玉名駅から、九州産交バス山鹿温泉行に乗って50分程のところになります。

駅から徒歩ではアクセスできませんが、山鹿大橋口下車からはアクセスしやすいでしょう。

車でアクセスする場合は、九州自動車道菊水ICから県道16号を山鹿温泉方面へ約10kmになります。

ただ交通規制や混雑が予想されますので、できれば公共交通機関でのアクセスが安心でしょう。

スポンサーリンク