いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

湘南ひらつか七夕まつり2016年の開催日とアクセス方法。見所はどこ?

   

七夕

湘南ひらつか七夕まつりは、神奈川県平塚市で行われる七夕まつりです。

七夕まつりは全国各地で開催されていますが、湘南ひらつか七夕まつりは関東三大七夕まつりのひとつ。

またそのなかでももっとも早く開催されるのが特徴です。

七夕らしく豪華で華やかな飾りは、見る者を圧倒させるでしょう。その数は、なんと平塚市全体で約3,000本といわれています。

全国各地から観光客も多く訪れ、湘南の夏の風物詩として人気があります。

スポンサーリンク

 

湘南ひらつか七夕まつりの特徴

お祭りにはそれぞれ歴史がありますが、湘南ひらつか七夕まつりは昭和25年からはじまりました。

この時期は、ちょうど戦争からの復興がひと段落した頃。

平塚市は、戦前に海軍の火薬庫があったことでも知られています。

そのため、昭和20年の大空襲では市街地の7割が被害に遭いました。

その復興を記念したお祭りが当時『復興まつり』と呼ばれており、のちに『湘南ひらつか七夕まつり』に繋がっていきました。

 

復興がひと段落するまでにかかった期間は約5年。

皆が力を合わせて復興に取り組んだため、5年でひと段落といえる状態まで回復したといわれています。

また現在では、2011年の東日本大震災をきっかけに市民主催のお祭りへと生まれ変わっています。

七夕の笹

お祭りの見どころは?

さまざまなイベントが催され、見どころ満載な湘南ひらつか七夕まつり。

ぜひ見てほしいのは『竹飾り』です。湘南スターモールに行くと、華やかな竹飾りを見ることができます。

その年の流行を取り入れているので、今までに見たことのない竹飾りを堪能できるでしょう。

また吹流しもオススメの見どころのひとつです。

骨組みには竹を使用しており、吹流しの部分はビニール。

そのため巨大でも丈夫なので安心です。電飾が施されているので、夜になるとよりきらびやかに輝くでしょう。

七夕の飾り

お祭り期間中は露店も出店されます。

早い時間から開いているので、混雑する前にチェックしておくとスムーズに買うことができます。

スポンサーリンク

開催日はいつ?

もともとは7月7日をはさんだ4日間が湘南ひらつか七夕まつりでしたが、現在は最終日を7月の第一日曜日と決まっているため、かならずしも7月7日をはさむとは限らないそうです。

そのため、2015年の湘南ひらつか七夕まつりは7月3日(金)~7月5日(日)の3日間。

七夕の前にお祭りが終了しました。

 

2016年の開催日は、7月8日(金)~7月10日(日)までの3日間。

お祭りの内容はまだ決まっていませんが、4月の時点で織姫が決定しており、当日参加してくれます。

会場はJR平塚駅北口商店街を中心に市内全域になります。

終了時間は午後9時ですが、最終日は午後8時までとなりますので、お間違えのないようにしてください。

アクセス方法について

交通規制が行われるため、電車のほうがアクセスしやすいでしょう。

JR平塚駅北口から歩いて2分程でアクセスできます。

車でアクセスする場合は、東名/厚木ICから約30分、小田原厚木道路/平塚ICから約20分になります。

スポンサーリンク