いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

アネモネの花言葉で意識する自分の心の真実

      2016/02/24

アネモネ

アネモネの語源はギリシア語『anemos』が由来で風という意味を持ち、和名はボタンイチゲ、ハナイチゲなどがあり、一重から八重咲きもあり赤・白・桃・青などの色を持つ花です。

アネモネ   はかない恋/薄れゆく希望/清純無垢/無邪気/辛抱/待望/期待/可能性 

ステップ1  風に吹かれながら心の声を聞いてみる

アネモネの花開く姿は、風に吹かれているような感じのする、愛らしい姿をしています。花言葉のなかに、『はかない恋』や『薄れゆく希望』がありますが、その風に吹かれる様子はせつなさも感じます。

もしも、恋が叶わなかったときや、希望通りにいかないことがあったとき、アネモネのように、風に吹かれてみてください。

風にその悲しい気持ちを乗せて、遠くへ飛ばしてください。アネモネは、風に吹かれるような姿でもかわいらしく、見ていると微笑んでしまいます。

少し笑顔になったあなたには、明日は今日と違う風が待っています。

スポンサーリンク

 

ステップ2  たまには辛抱も必要な時もある

最近、調子がでないけれどそんなときは、どんなリフレッシュをしていますか?そんな時間もないという方は、我慢も必要ですが、そのあとには、自分への感謝を思い出して下さい。

アネモネの花言葉に、『辛抱』がありますが、アネモネは、日当たりと水はけのよいところを好んで花開きますが、どんな環境でも元気よく花を開かせるわけではありません。

アネモネ

アネモネは、自分の花開ける状況をじっと辛抱しながら待ち、花を開く瞬間を待ちます。

人生も思うようにいかないときは、少し辛抱が必要なときもありますが、その我慢を乗り越えた先には、今までとは違うあなたに出あうことができます。

あるいは、今までと違う環境を探して、思い切って休んでしまうというように変化をつけることで、リフレッシュできます。

辛抱している自分に『ありがとう』を込めて、ゆっくり休んでみるときも必要ですね。

スポンサーリンク

 

ステップ3  あなたの真心を信じて下さい。

アネモネの色にはそれぞれ花言葉があり、

○赤・・・君を愛す

○白・・・真実

○紫・・・あなたを信じて待つ

となっているのですが、花開く姿の愛らしさや、風に吹かれているような様子とは異なり、意志の強い花言葉を持ちます。

アネモネの花を見るときや、花言葉を思い出すときに、思い出してほしいのは、あなたの真実の心です。

アネモネ

『こんなところを旅してみたい』

『こんな映画を見てみたい』

『次の休みはゆっくりしたい』

どんな些細なことでもよいので、真実の心の声に耳を傾けてみてください。・

日常のストレスは、心身ともに蓄積疲労となってしまうため、あなたの真実の心に耳を傾けることで、ストレスの解消にも繋がります。

アネモネの花言葉の真実を意識して、素直な心と向き合いましょう。

スポンサーリンク