いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

上越まつりの2016年の日程は?見どころやアクセス、混雑状況を知ろう

      2016/04/22

山車

新潟県上越市で行われる夏まつり『上越まつり』。

7日間に渡って行われるこのお祭りは、前半は高田地区、後半は直江津地区と会場を移して行われます。

そのため、それぞれ特色が違い、特に直江津地区では多くもの屋台(山車)が4日間にも渡って練り歩きます。

もちろんどちらも見どころ満載ですので、夏になったらぜひ一度足を運んでみてください。

スポンサーリンク

 

上越まつりとは

神輿担ぎだけでなく、民謡流しや花火大会など、さまざまな見どころがある上越まつり。

その歴史は平安時代まで遡ります。

屋台が登場したのは江戸時代ですが、当初は人口も多く、全部で30数台もの屋台があったといわれています。

現在は全19町内の屋台が巡行し、屋台を引っ張る形になったのは不明です。

また上越まつりと名付けられたのは1971年の高田市と直江津市の合併によるもの。

しかし高田地区で行われるお祭りを『高田祇園』、直江津地区で行われるお祭りを『直江津祇園』とそれぞれ分けて呼ばれることもあります。

祭りの開催日程は?

7日間に渡って開催される上越まつりは、毎年7月23日から開催されます。

2016年も7月23日から26日まで高田地区で、7月26日から29日まで直江津地区で開催されます。

 

23日前夜祭と大民踊流しが行われ、本町通りが交通規制されます。

大民踊流しは小雨決行ですので、多少の雨であれば中止されません。

またちびっこ相撲も開催され、子供が参加することもできます。

24日各町内お祭り広場・勇壮みこし宮入りです。

25日にはみこし市内渡御・本町おまつりイベントなどが開催され、高田地区最終日みこし渡御・みこし川下りが行われます。

川下りで直江津地区に移動します。

 

直江津地区に移ると、26日大花火大会が行われます。27日屋台巡行28日大民踊流しが行われ、最終日お饌米奉納となります。

スポンサーリンク

 

上越まつりの見どころ

7日間に渡って開催されますから、見どころ満載です。

高田地区では、子供のみこし行列各小学校のパレードなどが見どころです。

子供たちが一生懸命神輿を担ぐ姿はとても感動します。

お祭り広場ではハンドメイドやプロジェクトなども行われ、大人も子供も参加でき楽しむことができるでしょう。

 

直江津地区での上越まつりは、なんといっても大花火大会です。

花火大会目当てで訪れる方もいるほど、上越まつりの一大イベントといっても良いかもしれません。

また直江津地区でも子供たちによるパレードが見られます。

屋台巡行ではさまざまな演出を見ることができるので、見どころ満載です。

花火

イメージ

アクセスと混雑状況

安心・安全にお祭りに参加するには、アクセス方法や混雑状況なども知っておきましょう。

電車でアクセスする方は、トキ鉄・妙高はねうまライン直江津駅より歩いて10分程になります。

でアクセスする方は、北陸自動車道・上越ICより車で10分程になります。

無料駐車場も用意もありますが開催中は交通規制されますので、できれば公共交通機関の利用をオススメします。

スポンサーリンク