いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

一宮七夕まつりの2016年の開催日程はいつ?見どころや駐車場など

      2016/04/21

一宮七夕まつり

一宮七夕まつりは、愛知県一宮市で毎年開催されるお祭りです。

お祭りの期間中は、『吹流し飾り』『小学校創作七夕飾り』など、七夕ならではの飾りで彩られます。

また仙台七夕湘南ひらつか七夕まつりと共に、日本三大七夕祭りとも称されており、日本では有名なお祭りのひとつになっています。

そのため、地元の人だけでなく全国各地から多くの見物客が訪れます。

その数は約130万人程。

スポンサーリンク

 

一宮七夕まつりの由来と開催期間

毎年4日間に渡って開催される一宮七夕まつり。

2016年は7月28日・29日・30日・31日の4日間になります。

七夕まつりといっても、7月7日に行われるわけではありません

ではなぜ『七夕まつり』と呼ばれるようになったのでしょうか?

一宮七夕まつり

一宮七夕まつりが行われる一宮市は、かつて織物として知られていた町でした。

そのため、一宮七夕まつりは別名『おりもの感謝祭』とも呼ばれています。

織物と因縁深い牽牛・織女にちなんで、7月の終わりに行われるこのお祭りは、市民にとって夏の最大イベントになります。

七夕ならではの飾りも多く、町中か色とりどりの飾りで華やかになります。

 

日程はその年によって異なる場合がありますが、7月最終日曜日をフィナーレとし、木曜日から4日間にかけて行われるのは変わりません。

昭和31年からスタートしたこのお祭りは、今もなお受け継がれています。

スポンサーリンク

 

絶対見てほしい見どころとは?

お祭りにはさまざまな見どころがありますが、一宮七夕まつりはなんといってもミス七夕・ミス織物『人力車七夕道中』『ワッショーいちのみや』などです。

毎年ミス七夕・ミス織物のコンテスト参加者を募集しており、魅力的なクイーンたちが選ばれます。

綺麗な女性たちに、男性陣もうっとりすること間違いなし?クイーン目当てで訪れる方もいるといわれているほど、一宮七夕まつりでは人気の高いイベントのひとつです。

 

また、2015年にはミッキーのパレードも行われました。

その年によってさまざまな催し物がありますので、大人から子供まで幅広く楽しむことができるでしょう。

アクセス方法と駐車場情報

お祭り期間中は渋滞が予想されます。

できれば公共交通機関でのアクセスがオススメですが、どうしても車でアクセスしたいという方は早めに向かうと混雑を避けることができるでしょう。

また無料駐車場も用意していますので安心。無料シャトルバスも運行しているので助かります。

 

車でアクセスする場合は、名神高速道路・一宮インターチェンジ北西へ15分程

東海北陸自動車道・一宮木曽川インターチェンジ南へ10分程

一宮西インターチェンジ北東へは10分程でアクセスできます。

ただし飾りがある場所は交通規制されますので気をつけてください。

電車でアクセスする場合は、JR尾張一宮・名鉄一宮から歩いてすぐのところになります。

シャトルバス平島公園前~市営球場前~一宮市役所前で停車しています。

 

開催期間中は屋台の出店もありますので、自由に飲み食いしながらお祭りを見物できます。

スポンサーリンク