いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

川越百万灯夏まつり2016年の日程と期間は?アクセス状況は?

      2016/04/18

川越百万灯夏まつり

埼玉県川越市で行われる夏の一大イベント、川越百万灯夏まつり。

埼玉県には夏になると各地でさまざまなお祭りが開催されますが、川越百万灯夏まつりもそのひとつです。

さまざまな催し物に一般市民も参加することができ、町の人すべてでお祭りを盛り上げます。

夏の思い出を川越百万灯夏まつりで作ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

 

川越百万灯夏まつりの内容

お祭りというと、神輿を担いでそれを見物する…というのがほとんどですが、川越百万灯夏まつりの場合、一般市民が参加できる参加型のお祭りです。

町には色とりどりの提灯が飾られ、町を華やかにします。

歴史も古く、江戸時代末期から行われていました。

また川越百万灯夏まつりは別名『提灯まつり』とも呼ばれています。

その由来は、川越城の主・松平大和守斉典(まつだいら やまとのかみ なりつね)の病没後、家臣の三田村源八の娘・魚子が松平大和守斉典への恩義としてお盆の日玄関に切子灯籠を灯したことから始まったといわれています。

提灯

提灯は、赤や青、ピンクなどさまざまで、陽が沈むとぼんやりと光り鮮やかに街を彩ります。

お祭りに参加するのも、提灯の灯りに癒されに行くのも、いろんな楽しみ方ができるのが川越百万灯夏まつりでしょう。

イメージするお祭りとは少し違いますが、ホッと心が癒され、また賑やかに皆と騒ぐなどさまざまな楽しみ方を体験できます。

 

参加型のお祭りということで、出店が多いのが特徴です。

数多くの露店が立ち並びますから、子供から大人まで存分に楽しむことができるでしょう。

スポンサーリンク

 

お祭りの日程と期間について

2016年の詳しい開催日程は決まっていませんが、2015年は7月25日・26日の2日間開催されました。

そのため、2016年にも同じ時期に開催されるでしょう

お祭りの情報が公開されると、川越百万灯夏まつりのホームページもオープンします。

ホームページにて随時情報を更新していますので、ぜひチェックしてみてください。

提灯

イベント内容はその年によって異なりますが、開会式のパレードや交差点内での演技や演奏など、さまざまな催し物があります。

スタート時間は14時10分頃から。

音楽隊や高等学校のカラーガード部などによる演奏が行われます。

みこしパレードが行われるのは初日になりますので、パレードが見たい方は初日の参加をオススメします

翌日は12時頃からスタートし、金魚人形すくいやハンドメイド、各団体による歌やダンスの披露などが行われます。

 混雑状況とアクセス方法

お祭り当日は混雑が予想されますので、できれば交通機関を利用したほうが良いでしょう。

電車でアクセスする場合は、西武新宿線・本川越駅から歩いて2分程JR川越線・東武東上線川越駅から歩いて12分程になります。

交通機関も混雑しますので、時間をずらしてアクセスするとある程度混雑を避けることができるかもしれません。

 

ホームページでも混雑状況が記載されます。

一番街やクレアモールなどは特に混雑しますから、気をつけましょう。

スポンサーリンク