いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

愛染まつり2016年の日程や見どころは?渋滞情報も確認

      2016/04/14

ゆかたの女性

愛染まつりは天神祭り・住吉祭と並ぶ大阪の三大夏祭りの一つです。このお祭りを境にゆかたを着始めることから、「ゆかた祭り」と呼ばれることもあります。

 

地下鉄四天王寺夕陽丘駅から会場となる四天王寺支院の境内まで、たくさんの屋台がところ狭しと軒を連ねます。

ゆかた姿の愛染娘が宝恵籠に担がれて練り歩く宝恵籠行列は見ものです。

スポンサーリンク

 

■愛染まつりの由来は?

愛染祭りは、聖徳太子の「苦しみや悲しみを持つ人々を救済したい」という教えを受け継ぎ、1400年続く日本最古の由緒正しいお祭りです。

聖徳太子ゆかりの四天王寺支院のご本尊が愛染明王なので、親しみを持って「愛染さん」と呼ばれています。

この愛染明王の御誓願を頼って開催された祭りに、色町の芸妓が駕籠に乗って参詣したのが宝恵籠行列の始まりとなり、今でも華やかなゆかた姿の女性が大勢参加する「女の祭り」として親しまれています。

ゆかたの女性

■愛染祭りのみどころは?

愛染祭りのみどころは、なんといっても宝恵籠パレードでしょう。

毎年数百人の中から選ばれる「愛染娘」を担いだ駕籠が「愛染さんじゃ~、ほっ、えっ、か~ご」という掛け声とともに天王寺駅前から愛染堂までの道のりを練り歩きます。

愛染娘はマスコミの表敬訪問や境内での愛染祭りPRのために結成されるグループで、毎年約300~400人の一般公募の中から、書類選考と面接を経て12人が選ばれます。

歴代愛染娘の中にはタレントとして活動する人も多くいます。

愛染祭り二日目の夜には、12人の愛染娘の中から1人のミス愛染娘を決める演芸大会が開催され、ここで選ばれたミス愛染娘はその年1年間の広報活動を担当します。

また愛染祭り3日目の夜には愛染女組みによる組長を決定する、「愛染堂から愛を叫ぶ」が開催されます。

 

また、連日18時から、ゆかたで来た人先着100名に愛染娘から「ラブ・ブレス」という数珠のブレスレットがプレゼントされます。ぜひゆかたで参加しましょう!

 

300店舗以上が出店される屋台もみどころで、賑やかな夏の夜を楽しめますよ!

スポンサーリンク

 

■2016年の愛染祭りの期間や日程、開催時間は?

2016年の愛染まつりは、6月30日(木)から7月2日(土)の3日間開催されます。

宝恵籠パレードは6月30日の13時半ごろ天王寺のあべのキューズモールをスタートし、15時ごろに愛染堂に到着予定です。

また、夕方17時から約30分間、「夏越しの祓えの大法要」が行われます。

■渋滞情報は?

宝恵籠パレードに伴い、経路周辺は一部で交通規制が実施されます。そのため、天王寺駅から愛染堂までの周辺道路は渋滞が予想されます。

なるべく公共交通機関を使って訪れることをおすすめします。

■周囲の駐車場は?

愛染堂には駐車場はありません。

その代わり、周辺には多くのコインパーキングがあるのでそちらを利用するといいでしょう。

ただし、お祭り期間中は満車になることもあるので、できるだけ早めに到着するように計画するといいでしょう。

スポンサーリンク