いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

自動車税、還付・減税・納付期限・カード払い・分割・について知ろう

      2016/04/11

自動車

毎年4月頃になると自動車税納税のお知らせが届きます。

自動車を所有している人はその所有している車の排気量等によって納付する金額が決まります。

登録している車を所有している限り、毎年払わなければいけない都道府県税だと言う事を知っておきましょう。

スポンサーリンク

 

自動車税支払い方いろいろ

納付期限は5月31日までとなっており、その間は郵便局や最寄のコンビニ等で支払いを終わらせる事が出来ます。

ただもし支払いを忘れてしまって納付期限を過ぎてしまうと、自動車税務署などで払う事になり、郵便局やコンビニでは扱ってもらう事が出来なくなるので注意しなければいけません。

納付期限はその納税通知書に記されているので、その期限内に忘れずに払う様にしましょう。

支払方法に関しては現金で一括と言う形を選ぶ人も大勢いますが、カード払いも実は可能となっています。

カード払い

とはいっても、この場合はコンビニ等では不可となっており、インターネットを利用する必要があるのでその点に関しては注意しましょう。

またある程度まとまった金額となる為に一括で納税するのはどうしても大変だと言う人も少なくありません。

そんな時はもしかしたら分割で払う事を認めてもらう事が出来る場合があります。

ただこの場合は管轄の税務署に連絡をして実際に一括では払う事が出来ないと言う事を理解してもらう必要があるので、その点に関しては注意が必要です。

スポンサーリンク

 

エコカー減税とは

さて、そんな自動車税ですが、実は同じ車に乗っていても安く済む人がいます。

それがエコカー減税です。

環境に対する配慮をしている車、環境性能が認められた車に対しては減税措置が施されると言う物です。

ただエコカー減税に関しては法律での取り扱いが変わってくる場合も少なくありません。

その為、今はこのような制度になっていますが今後はどのような車が対象になるかと言うのも変わってくる可能性は有るので、減税措置を利用したいと思っている人は予め情報収取しておく事が重要です。

エコカー

車を買い替えた場合、手放した場合

自動車税と言うのはその年の4月1日に車を所有している場合に払う必要がある税金なのですが、車の買い替えをしたりするとそれまで乗っていた車を手放す事になります。

では、手放した場合の税金の扱いはどうなるのでしょうか。

1年分払っているので、実はその車を所有している月数に応じて還付を受ける事ができます。

また年度の途中で新規登録する場合も月割りで税金の額が計算され、その分を払う事になるので注意しましょう。

住所変更や苗字変更の場合

自動車は登録商品となっているため、その車自体の所有者は明らかになっています。

ではその人が引越しをした場合や、結婚して苗字が変わった場合等はどういう風に対応すれば良いのでしょうか。

この場合、自分で行う事もできますがディーラー等に依頼して行ってもらう事も可能です。

住所変更や苗字変更の手続きは難しい事は無いので、変わった時点ですぐに手続きを行っておきましょう。

納税は国民の義務となっているので、面倒だと言って先延ばしにせずになるべく早いタイミングで手続きを終えてしまう事をお勧めします。

スポンサーリンク