いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

業者に頼まず自分でできる、スプレーを使ったカビ臭いエアコンクリーニング

      2016/04/08

エアコン

久しぶりにエアコンをつけた時に、妙な臭いがすることがあります。

エアコンの表面についたホコリをふき取ることはあっても、内部の掃除となると面倒に感じてしまいます。

エアコン内部は意外と汚れがたまっていて、そのままにしておくとカビが発生したりホコリがたまることでパワーが落ちてしまい、必要以上に電気代がかかってしまうこともあります。

エアコンクリーニングの業者に頼んでしまえば簡単ですが、市販のスプレーやさまざまな掃除道具を駆使して自分でエアコンクリーニングをしてカビ臭い部分をキレイにしてみましょう。

スポンサーリンク

 

クリーニング前に準備しよう

エアコンクリーニングに取り掛かる前に、必要な道具を準備しておきます。

雑巾タオル割りばし大きめのごみ袋ビニールシート洗浄剤掃除機です。

掃除をする前に電源を抜いてエアコンを止めておきます。

エアコンクリーニングは取扱い説明書に手順が記載されているので、事前に目を通して、汚れが床につかないようにビニールシートを敷いたら準備完了です。

雑巾と洗剤を持った女性

フィルターの掃除の仕方

まずはフィルター掃除に取り掛かります。

フィルターを外したら外側から内側の順に掃除機をかけてホコリを吸い取ります。

汚れがひどい時は水洗いがおすすめですが、いきなり水に濡らしてしまうとホコリがダマになって手間がかかるので、掃除機をかけてから水洗いします。

洗った後は風通しの良い場所で完全に乾かしてから取り付けます。

スポンサーリンク

 

スプレーを使ってファン掃除

ファンはカビ臭さの原因になっている送風機の部分で、ここに汚れがたまっていると送風する際に臭いも一緒に散らばってしまいます。

スプレー式の洗浄剤には、ファン用フィン用があるので用途に合わせて選びます。

ファン用の洗浄剤は、汚れを浮き上がらせる洗浄剤汚れを洗い流す洗浄剤がセットになっています。

洗浄中は汚れが滴り落ちるので、エアコンにビニール袋を取り付けて、センサーなどに洗浄剤が付かないように養生してから、ファンに向かって洗浄剤をスプレーします。

割りばしを使って送風口からファンを回転させてまんべんなく洗浄剤をつけたら、そのまま20~30分間置いて汚れを浮き上がらせます。

次に汚れを流す洗浄剤をスプレーして、泡をきれいに流します。

スプレー

5分ほど放置してすべての泡が流れ落ちたら、エアコンの電源を入れて送風口にタオルを当てて送風して乾燥させます。

ビニール袋を取り外して周辺に付着した泡を雑巾で拭きとったら完了です。

水分が残っているとせっかく掃除をしたエアコンに再びカビが発生してしまうので、しっかりと乾かしておきます。

ファンを掃除するついでに風向きを調節するフラップやルーバーも一緒に掃除しておくと、風と一緒にホコリが舞うこともなくなります。

注意しよう

エアコンは高い位置に設置されているので、椅子や脚立に乗って作業するようになりますが、バランスを崩した時にフィルターやフラップなどを強くつかむと破損してしまうことがあります。

掃除の際も強い力を加えるのは故障の原因になってしまうので、頑固な汚れになってしまう前にこまめにお手入れをしましょう。

スポンサーリンク