いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

除湿機の効果的な使い方とは?置き場所や環境に気を配ろう!

      2016/04/06

除湿機

湿気対策として除湿機を利用されている家庭は多いはず。

梅雨や冬時期などの湿気が多い時ですとカビが生え易くなったりしますし、洗濯物も臭くなってしまいますが、そういった時に除湿機があると嫌なジメジメを解消することができますので重宝しますよね。

また、夏場のジメッとする原因も湿気がひとつの原因ですから除湿をすればカラッと過ごし易くなります。

しかしながら効果的な使い方ができていないと、せっかくの除湿器の性能を存分に発揮させられないこともあるのです。

上手に活用する為のコツがありますのでここでご紹介します。

スポンサーリンク

 

除湿機の置き場所ってどこがベスト?

意識したいこととしてはまず置き場所です。

除湿機によってはサイズがありますので邪魔になってしまうものですし、それゆえに部屋の隅っこなどに配置されている方もいるのではないでしょうか。

ただそれですとしっかりと除湿ができていないことがあります。

効果的に使用する為には目的を踏まえて配置することが大事ですが、部屋全体を除湿したい場合は部屋の中央に配置した方が良いと言えます。

万遍なく除湿をし易くなりますのでジメジメも解消し易くなるはずです。

また、部屋の除湿を目的にする場合は戸を締め切った状態で行うようにしましょう。

戸を開けている状態ですとそちらの方に湿気が逃げてしまいますから上手く除湿をすることができません。

できるだけ空間は狭い方が効き目もアップしますので、空間を区切ることを意識した方が良いと言えます。

洗濯物

洗濯物を早く乾かす際にも除湿機が役立ちますが、乾燥を目的に使用する際には洗濯物の近くに置くのが良いでしょう。

湿気の多いところの近くに置くと効果も高まりますので、目的に合わせて移動させます。

なお、洗濯物を乾かす際には扇風機を併用すると早く乾き易くなります。

風で煽ぐことによって湿気も逃げ易くなりますから時短で乾かしたい時には併用してみるのがおすすめです。

スポンサーリンク

 

浴室に干す際には換気扇も回した方が良いの?

前述したように除湿機は狭い空間の方が効果がアップするということもあり、洗濯物を干す際には浴室を利用される方もいるかと思われます。

ただ、浴室に干す際には換気扇も回した方が良いのか迷っている方もいることでしょう。

浴室で利用する際には換気扇は止めておいた方が乾きが良くなります。

換気扇を回している状態ですと別のところから湿気を帯びた空気が入ってきてしまいますから乾きが悪くなってしまいます。

浴室

せっかく乾き易い環境にも関わらず、換気扇を回すことによって乾き難くさせてしまうことにもなりますので、浴室で使用するのなら除湿機のみを運転させて乾かすようにしましょう。

このように置き場所や環境に気を配ることによって、より上手に活用できるようになります。

中にはせっかく買ったもののあまり効果を実感できていない方もいるかもしれませんが、もしかしたら使い方があまり良くないこともありますよ。

正しく使用すれば役立ってくれるアイテムですからダメな使い方になっていないか見直してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク