いろいろ情報局

様々なお役立ち情報を紹介しています

紫外線対策に有効な食事メニュー

      2016/04/01

UVから守る女性

紫外線を防止したい時、一般的な対策としてはUVカットの化粧品が有効で、肌細胞が吸収する光を抑える事が効果的です。

しかし、完全に光をシャットアウトする事は難しいので、肌に吸収された後の対策も行う必要があります。

肌が吸収した分については、食事で対策を補う事がおすすめです。

スポンサーリンク

 

肌の老化も食い止める事が重要

紫外線に対する肌の影響は、シミやそばかすの発生に加えて、老化現象が懸念材料になります。

一方で、シミ対策に有効なビタミンとミネラル、その内肌の老化を守るビタミンE、肌の新陳代謝を助ける亜鉛等を取れば肌を守る事が出来ます。

また、ミネラルもビタミン類と同様、肌を保護する効果に長けているので、お互いの良い所を抑えながら食事として摂り入れる必要があります。

これらの栄養を摂る場合は、ビタミンをバランス良く、肉や魚だけではなく、繊維質を含む野菜と果物も加える事がポイントです。

更に、納豆や卵は朝食メニューに最適で、朝から気になる光ダメージの有効な食事になります。

紫外線対策を考えるとき、大切なのは肌の再生を助けるだけではなく、同時に老化も食い止める事が重要といえます。

食物繊維

抗酸化作用を持つ食品としては

リコピンを含むトマト、何時でも手軽に取れるバナナがあります。

特にバナナは、日頃から持ち出しおやつとして食べる事が出来るので、日差しの強さが気になる場合の頼れる味方になります。

抗酸化力を持つ意外な食材には、低価格で入手性の良いもやしがあります。

もやしは外見が細く、一見すると頼りない食材に見えますが、実は食事に摂り入れる手軽さだけではなく、役立つ食材としてに実力が備わります。

他にもしいたけや大根、大豆食品である豆腐も有効なので、鍋メニューとして食べる事が有効な提案になります。

鍋は食が進む食べ方の一つで、寒い冬の間だけではなく、汗をかつ夏にも食べられるメニューです。

肉や魚介類、どちらにも合う鍋であれば、野菜と一緒に豊富な栄養を摂り入れる事が出来ます。

スポンサーリンク

 

朝・昼・夕の食事には

朝は一杯の牛乳と一本のバナナ、昼は果物と野菜をたっぷり摂り、そして夜は鍋にすると紫外線の存在は怖くなくなります。

バナナは栄養の吸収率が優れているので、牛乳と一緒に食べれば、忙しい朝に素早く栄養が摂り入れられます。

時間に余裕がある昼食のメニューは、新鮮な食材を幅広く摂り入れる事がコツで、午前中に受けた光のダメージ回復に結び付きます。

夕食は一日のダメージを食事で解消出来る、最後かつ絶好の機会と考えられます。

夜間の就寝時は、栄養吸収と細胞再生の時間で、どれだけ肌に有効な成分を多く採り入れられるかが勝負になります。

バナナ

まとめ

沢山食べる事は、若い肌作りに不可欠ですが、消化吸収が良い食材を選んだり、十分に噛んで胃や腸に負担をかけない事も重要です。

何よりも大切な事は、美味しく食べて楽しむ余裕で、翌日の活力に変える食事を心掛ける事が、紫外線に負けない体作りになります。

重要度の高い食材の選択を行えば、体内から体を守るバリヤーであったり、健康的な紫外線対策を実現する事が出来ます。

スポンサーリンク